職場の教養の感想の見本とコツ!明日上手い感想を言える知恵袋。上手い感想2022

仕事
スポンサーリンク

お勤め先によって朝礼で必ずある職場の教養の感想の見本とコツに興味ありますか?

小冊子を読んで感想を発表するのですが、社会人ともなると「感想」を求められてもなかなかムズカシイ場合がありますね。

しかし、避けては通れない試練ですから、職場の教養の感想を上手く言える見本とコツを伝授しますので苦手意識を克服してくださいね!
職場の教養の感想が苦痛な人はこちらも読んでみてください。

\ 国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載中 /
 \     日本中の企業の口コミが集合!     /
転職会議

スポンサーリンク

職場の教養の感想の見本とコツを伝授します!朝礼で上手く発言できるようになります。

職場の教養の感想って何を言えば良い?上手い感想を言えるコツ

職場の教養の感想コツ

朝礼で職場の教養の感想を言う順番が回ってきた、どうしよう、いつも上手く言えない…そんな悩みを持つ人に、覚えておくとラクになる職場の教養の感想の見本とコツを伝授しますよ!

ハッキリ言って目立つ必要はなし!

職場の教養の感想を言うのは「就職面接」ではありません。

よって、何も独創的な発言や内容はなくてもオッケーなのです。わざわざ他人と違うことをアピールして目立つ必要はないですよ。

反論はしない方が良し!

人それぞれの価値観や考え方はもちろんあります。

しかし、これに関しては「持論の展開」は不要。ヘタに攻撃したり反論したりすると、ドンドン指名されるようになるキケンがあります。

オトナの態度で反論はしないようにしましょう。

落ち着いてゆっくり話すべし!

声が小さい・早口で聞き取りにくいなどはマイナスイメージになります。ハキハキと普段よりはゆっくりめに話しましょう。

周りは自分が思うほど感想を覚えてはいないから気にしない!

おそらく一部の人を除いて、他人の話をず~っと覚えていることはないです。

ましてや「次は自分かも」と、そちらに意識は向いています。ちょっと失敗しても気にしない。

プロの講演ではないのですから、他人を引き込むような話術は必要ありませんし、持っていないのが当たり前のことです。

 

何度か回数をこなすうちに慣れてきて大丈夫になりますよ!

以上が職場の教養の感想の見本とコツです。

スポンサーリンク

職場の教養の感想の見本をさらに紹介!

職場の教養の感想例を紹介!

職場の教養の感想例

 

では、具体的にどんな感じで感想をまとめるのか、いくつか感想の見本を見てみましょう。

わりと自分の職種や立場などに近い(あてはまる)話だったなら、入れるキーワードは「改めて気づいた」「自分はできているか考えた」などがオススメです。

「私はカスタマーセンターで、毎日お客様からの質問や問い合わせのお電話に対応しています。

この話のように、まずは相手のお話をきちんと受け止めて聞けているかを改めて考えさせられました。

これからもよりいっそう、お客様のお話を丁寧に伺って電話応対のスキルアップをはかっていきたいと思います」

最後は必ず「○○していきたい」と実践する姿勢を見せましょう。

自分の職種や立場に関係がなかった話の場合は、「普段気付かなかった」「知ることができた」「今まで知ることがなかったから感謝したい」などをキーワードとして入れましょう。

「私は開発部ですので、ユーザーであるお客様とは実際に会って挨拶する機会はありません。

しかし、今日の話から改めて挨拶をすることの大切さに気付くことができました。

まずは開発部という限られたなかですが、ここから挨拶をきちんとするという実践につとめていきたいです。」

 

「私はまだまだ学ばせてもらう立場であり、仕事を教えるといったことはありません。

 

しかし、今日の話から教える側の人もいろいろな工夫をされていることを知ることができました。

 

これからは仕事を教えていただく時も、そういった点に感謝しながら、しっかりと受け止めていきたいと思います」

歓迎会のや異動してきた上司への挨拶も覚えておくと役立ちますよ!

歓迎会挨拶! 迎える側として異動してきた上司にどのように挨拶する?
異動してきた上司を迎える歓迎会では、幹事が挨拶をしなければなりませんね。 相手は上司ですから、失礼のないように配慮しながらも、喜んでもらえる工夫が必要です。 そこで、歓迎会で、異動してきた上司にどんな挨拶をしたら良いかをまとめました...
スポンサーリンク

まとめ

朝礼などで職場の教養の感想を上手く発言するコツは、簡潔にまとめることです。

 

目立つような発言や内容ではなく、シンプルにしましょう。

 

たとえ自分のポリシーなどと違っていても、ディスカッションの場ではないので、反論はせずに内容に触れます。

ハキハキとゆっくりめに話して、落ち着きましょう。

あまり気に病まないようにすることも大事です。

周りは自分の番のことで手一杯、他人の話はあまり記憶に残りません。(おそらく)

感想のコツがわかる見本例をいくつかあげましたが、共通ポイントは「実践する」「徹底する」「気づいた」などの「この話で成長した・したい」という内容にすること。

 

あとは、普段から新聞などの活字に触れていると言いまわしなどに慣れてきますよ。

 

では、感想の見本を見てコツを身につけてがんばりましょう!

職場の教養の感想が苦痛な人はこちらも読んでみてください。

\ 国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載中 /
 \     日本中の企業の口コミが集合!     /
転職会議

コメント

タイトルとURLをコピーしました