檀家にならないと戒名はつけてもらえない?お寺との関係どうする?

檀家にならないと戒名はつけてもらえない?お寺との関係どうする?

日本では大多数の人が選択する仏式のお葬式。
故人に戒名を授けてもらい、僧侶に読経してもらうのが一般的な葬式の手順です。

しかし、いったん僧侶を呼び檀家になってしまうと後の付き合いが面倒だと感じる人も多いはず。

今回は、檀家にならないで戒名を授かったり、読経をお願いすることができるのか、探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

檀家ではない葬儀の読経をお願いすることは可能?お寺の見つけ方

一昔前の日本では、仏教徒である限りどこかのお寺の檀家になることが当たり前でした。

葬儀では菩提寺の僧侶に戒名を授かり、お経をあげてもらうその後の法事もお願いし、檀家側も護寺会費を払うなどお寺を支援していくのが通常の檀家制度です。

しかし、昔のような地縁が薄れ、全国的に宗教儀式の必要性が低くなった今日、菩提寺に縛られ、安くない金額を負担することを良しとしない人も増えています。

かといって、肉親の葬儀は仏式できちんと弔いたい。
そんな場合、檀家にならずに戒名を授かったり、読経をお願いすることはできるのでしょうか?

檀家ではない葬儀を行うには

檀家にならないと戒名はつけてもらえない?

檀家にならないと戒名はつけてもらえない?

檀家にならないで葬儀を行う際に、考えるポイントは次の通り。

・戒名はどうするか?
・読経は誰にお願いするか?
・納骨はどうするか?

先祖代々の墓があり、そこに納骨するような場合、やはり菩提寺との
関係を無視することは困難でしょう。

しかし、現代では納骨の考え方も変わってきており、散骨や共同の墓地
など、固有の墓にこだわらない人も増えています。

「葬儀を仏式できちんと実施し、後は節目で法事を行えればよし」
と割り切ってしまえば、檀家制度にわずらわされることもないはずです。

そこで、次に考えるのが戒名と読経ですが…

「檀家にならなければ戒名も読経も受け付けません」
というお寺ももちろん存在します。
しかし、宗教もビジネスの面があり、どこかで収入を得ないと経営が
成り立たないのも事実。

そこで現在ではニーズの高い、「檀家ではない葬儀」の依頼を受けてくれる
お寺も増えてきました。

檀家にならない場合のお寺の見つけ方

では、実際にそんなお寺を探すにはどうすればいいのでしょうか?

一つ目の方法は、独力で探すこと。
自分で条件の合うお寺をリサーチし、住職に直接お願いしてみます。

運良く物分かりのいい住職に合えればそれでOKでしょう。
しかし、そう簡単にいかないのがこの世界の複雑なところ。
まずは引き受けてくれるかどうかが一つ目の関門です。
次に、どれだけ費用が掛かるかわからないのが二つ目の関門。

お寺にとっては当然檀家になってもらうのが一番の望みです。
仕方なくその時だけのお付き合いだとしても、余分のお布施を要求したくなるのが人情というもの。

ただでさえ出費のかさむ葬儀の際、なるべく余計な支出は避けたい。
そう考える方には二つ目の方法をおすすめします。

それは、ずばり葬儀社にお願いすること。
葬儀社では、現在増えているニーズに応えるべく、檀家にならずに葬儀を行う方法を熟知しています。

お客様のニーズに合わせ、家庭の事情を考慮して最適なお寺を紹介しています。

葬儀社に紹介を頼むのであれば、ぜひ以下の要望を忘れず伝えて下さい。

・故人の属する宗派を伝える。
・出来るだけ自宅に近い場所を希望。
・法外な料金を要求しないお寺を希望。
・人柄の良い住職を紹介してもらう。

檀家にならなくとも、法事を行うなら、今後も僧侶を呼ぶ場面が訪れます。
その時に困らないよう、お寺は慎重に選択してください。

檀家ではない場合の初盆はどこで?形式にこだわらず真心でお供養を

檀家ではない場合の初盆はどこで?形式にこだわらず真心でお供養を

檀家ではない場合の初盆はどこで?形式にこだわらず真心でお供養を

四十九日を済ませた後、初めて訪れるお盆を初盆と言います。
故人の魂が初めて自宅に戻る日であり、通常は僧侶に読経をお願いします。

初盆とはいえ、あまり構える必要はありません。
基本的に自宅で行い、親しい人と会食する程度でよいのです。
盆提灯や盆棚などの飾りつけは、ネットなどで調べればすぐわかります。
あとは、招待する方への連絡と、会食の準備。

菩提寺がある場合は、当然初盆も自宅に来てもらい読経を頼みます。
しかし檀家ではない場合の初盆、お経は誰にあげてもらえばいいのでしょう?

便利なことに、今は僧侶にも派遣サービスが存在しています。
お盆は混み合う時期なので事前予約が必要ですが、頼めば自宅まで読経
に来てもらえます。

菩提寺の僧侶の場合、謝礼は相場を見ながら、こちらで包む金額を考える
ことが多いはず。
しかし、派遣サービスならあらかじめ料金が設定されており、いくら払うか
はっきりして不安がありません。
「長い付き合いの菩提寺にこれからも供養をお願いしたい」
それは長年日本人が抱いてきたごく自然な感情です。

しかし、多額の出費をしなくとも、基本的に家族の中で故人を偲べばよい
と思うなら、派遣などのサービスを選ぶのも賢い選択ではないでしょうか。

檀家にならないで戒名をつける方法や葬儀のまとめ

大昔から続く檀家制度。
地域の結びつきを考えると良い面も多くあると思います。
しかし、宗教行事が簡略化される現代において、未来に続く制度の縛りは
金銭的にも大きな負担となってのしかかってきます。

檀家にならないで戒名を授かり、僧侶に読経をお願いする。
昔では考えられなかった派遣サービスも登場し、檀家ではない葬儀のニーズ
がますます高まっています。

初盆の迎え方もそうですが、大事なのは故人を偲ぶ気持ちです。
そこがしっかりあるなら、偲び方はどんな形でもOKなはず。

菩提寺できちんと弔ってもらうのも、派遣サービスで読経をお願いするのも
どちらも大正解です。
故人の意思を尊重し、残された家族も納得できる。
それがいい葬儀、いい法事の条件ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする