サンタクロース名前の由来はこんな人物だった!?子どもに簡単説明

シャンシャンシャン…メリークリスマス!

年末の一大イベントであるクリスマスには欠かせない登場人物がいます!

それは赤い服を着たサンタクロースです^^

クリスマスが近づくと「サンタさんへのお手紙」を書いて親に渡した思い出はありませんか。

子どもの頃を思い出して「親は大変だっただろうな」と思うでしょう。

さて、今回は、そんなサンタクロースの名前の由来やお決まりの赤い服の由来をご紹介しますね。

さらに、子どもに聞かれた場合の答え方までフォローします!

スポンサーリンク

サンタクロースの名前の由来を子供に簡単に説明するポイント!

サンタクロース名前の由来はこんな人物だった!?子どもに簡単説明

サンタクロース名前の由来

サンタクロースの名前の由来は小さい子どもには分かりにくいものです。

そのため、大事なところを簡単に説明しましょう。

ポイントは「いいことをした人」です。

一般的には昔4世紀ごろ、東ローマ帝国に司教として存在した、聖ニコラオスという実在の人物がサンタクロースの起源であるというのが通説です。

この人がある時、貧しさのあまり娘たちが身売りしなくてもすむようにと、煙突から金貨を投げ入れて救った…という伝説があります。

ちなみにその金貨は暖炉に下げられていた靴下の中に落ちたという事で、そこからクリスマスに靴下を下げるという習慣になったようです。

金貨を得たおかげで娘たちは身売りをしなくてすみました。

とてもありがたいお話ですよね。

司教ニコラオスは教会によって聖人に列聖されたので、「聖(セント)ニコラオス」と呼ばれるようになりました。

この名前がオランダ語で「シンタクラース」⇒「サンタクロース」と変化していったものと考えられています。

しかし、これを全部子どもに説明しても分かりにくいですよね。

「サンタクロースの名前はね、とってもいい事をしたむかしむかしの優しいおじさんの名前がもとになったんだよ」というシンプルな説明がオススメです。

子どもが大きくなってきたら、もう少し具体的な内容を伝えてあげてもいいでしょうね。

サンタクロースの赤い服にも由来があった!

サンタクロース赤い服の由来

サンタクロースの恰好と言えば、「赤い服」が定番スタイルですね。

これは、サンタクロースのモデルとも言うべき聖ニコラオスが着ていた司教服が由来となっています。

教会では司教が儀式の際に着る服がそれぞれ色別に決まっていました。

赤は「殉教の色」「十字架に関連した色」などとされ、季節や祝日でそれぞれ決まった色の服を着ることが求められたのです。

ただし、世界的に見ると必ずしも赤い服ではなく緑色や青色の服を着たサンタクロースの絵も見られました。

それが全世界規模で「赤い服のサンタクロース」がメインになったのは、有名な会社の広告がきっかけです。

1931年にコカ・コーラ社が、白いひげに赤い服を着た太った体形のサンタクロースを広告キャラクターにデザインしました。

これがきっかけとなり、サンタクロース=赤い服のイメージが広く知られるようになったそうですよ。

もとは司教服が赤い服の由来でしたが、今ではコカ・コーラのイメージが強いですね。

まとめ

  

さて、サンタクロースの名前の由来は分かってもらえたでしょうか。

4世紀ごろに実在した司教「聖ニコラオス」の名前が徐々に変化していって、最終的に「サンタクロース」となりました。

「サンタクロースは昔とっても良いことをした優しいおじさんの名前がもとになったんだよ」

簡単に説明するポイントは「いい人の名前」であることを伝えることです。

ちなみに世界各国で微妙に名前や役割が違うことも特徴ですね。

聖ニコラオスと自国の習慣や伝説が一緒になっていたり、そもそも名前も違っていたりします。

中でも面白いのは、南半球に位置するオーストラリアのサンタクロースです。

南半球なので、クリスマスは当然「夏」になります。

そこで、雪の中をそりに乗ってやって来るのではなく、なんと海からサーフボードでサーフィンしながら来るのだとか。

とっても身軽な楽しいサンタクロースですよね。

また、今では世界的に有名な「赤い服」という共通イメージがありますが、これの由来はもともとは司教服の赤からきたもの。

現在広く知られているのはコカ・コーラ社の広告のおかげです。

さらに、聖ニコラオスは学問・商人の守護聖人でもあります。

子どもが大きくなってきたら、そんなプチ知識も教えてあげたいですね。

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

サンタクロースの起源!実は残忍で怖い人物が起源だった!?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする