子供が盗みをしてしまった!やってはいけない叱り方と効果的な叱り方

もし、自分の子供が盗みをしてしまったと分かった場合、あなたならどういう叱り方をしますか?

子供のころは、物事の良し悪しが上手く判断できないことがあります。

良いこと・悪いことよりも、自分の感情やその場の状況で判断してしまうことがあるからです。

では、そのようなことがあった場合には、私達「親」はどのような叱り方をしたらよいのでしょうか。

やってはいけない叱り方、効果的な叱り方を紹介していきますので、子供のためになる叱り方をしてあげてくさいね!

スポンサーリンク

子供の叱り方!3歳児でも親の言うことは伝わる

子供が盗みをしてしまった!やってはいけない叱り方と効果的な叱り方

子供が盗みをしたときの叱り方

そもそも、なぜ子供は盗みなどをしてしまうのでしょうか。

子供は、自我が芽生え他人と関わるような頃になると、物事の良し悪しを頭ではわかるようになります。

そう、あくまで「頭でわかる」だけなのです。

実際には、実感として理解は出来ていません。

ですので、盗みだけではなく何か悪いことをした時には、

「自分のしたことが、本当に悪いことだった」

と理解させることが、1番大事になってきます。

子供が盗みをしたとなると、親としては頭に血が上ったり、または落胆したりしてしまうのは当然のことです。でも、ここで怒りにまかせた叱り方はやめてください。

盗みをしてしまったらどうなるのかを、きちんと教えてあげるのです。

例えば、

★盗んでしまった相手やお店で、親が必死に謝っている姿を見せる

★盗んだことを知って、親が悲しんでいる姿を見せる

などです。

小さな頃であれば、親はというのは子供にとってかけがえのない、1番大好きな人です。その親が悲しんだり、辛い思いをしていると分かったら、子供はどう思うでしょうか?

きっと、「罪悪感」でいっぱいになります。

そして、盗みを「やってはいけないこと」だと「頭で分かる」から「心で実感し、理解する」に変わるのです。

子供に考えさせるのも、1つの方法です。

悪いことだときちんと叱った後で、子供に「盗まれた相手のこと」を想像させるのです。

例えば、

「もし、○○(子供の名前)が、欲しかったおもちゃを買うために置いていたお金を盗まれたら、どう思う?」

などです。

「いやだ!困る!」というような返事が返ってくるでしょう。

「そうだよね、困るよね。悲しいよね。楽しみにしてたもんね。●●ちゃん(盗まれた相手)も、きっと悲しかったんじゃないかな?」

というように、盗まれた側がとても困るんだということを教えてあげれば、盗みはやってはいけないことだと判断できるようになるはずです。

罪悪感と相手のことを考える。

この2つを教えることで、本当の理解になるのです。

子供の叱り方でついやってしまうとダメなこと

子供の叱り方!3歳児でも親の言うことは伝わる

子供の叱り方!3歳

とはいえ、子供が悪いことをしてしまったら、親はとてもショックですし、つい感情的になってしまいます。

でも、ここで怒りに任せる叱り方はダメです。

もしそうして叱ってしまうと、子供には恐怖しか残らないからです。

その後の物事の判断基準が

「叱られるか、叱られないか」

になってしまいます。

悪いことかどうか、人の気持ちを考えられるかどうかではなくなってしまうのです。

もし、つい感情的に怒鳴るなどして叱ってしまった場合は、その後しっかり時間を掛けて子供の話を聞いて、フォローしてあげてください。

親だって人間ですから、感情のコントロールが効かないときもあります。

でも、その後のフォローさえきちんと出来ていれば、なんとか挽回出来ます。

なぜ盗みをしてしまったのか、しっかり聞いてあげて、その後、先ほど書いたような「相手の気持ちを考えさせる」ようにしましょう。

まとめ

子供を育てるのは、とても大変なことです。1人の人間を育てていくのですから、当然のことです。

今回は「子供が盗みをしてしまった場合」について書きましたが、それ以外の場面でも、ただ「だめだ!」と叱りつけるのではなく、子供にしっかりと理解させるようにしてみましょう。

親の一生懸命な姿は、子供にもちゃんと伝わるはずですから。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする