冷凍粒うにの解凍後の賞味期限は何日?いつまでに食べるといいの?

冷凍粒うには、解凍後何日もつのか気になりますよね。

まだ食べられるからいいやと放っておいたら、変な匂いがして捨てなくてはいけなくなった…なんてことになったら残念ですよね。

また、生物ですので食中毒も心配です。
美味しいうにを食べて具合が悪くなってしまったら、とても悲しいと思います。

今回は冷凍うにの解凍後の賞味期限や、食べきれなくなった場合の再冷凍の有無など、冷凍うにに関する気になる情報をまとめさせていただきました!

スポンサーリンク

冷凍粒うにはいつまでに食べるといいの?解凍後の賞味期限は何日?

うにを解凍した後は、冷蔵庫に入れて2日までなら食べることが出来ます。

火を通して食べる場合は、3日まで賞味期限を伸ばすことが可能です。

オススメは、うにと生クリームを合わせて作るうにソースです。

パスタに和えたり豆腐にかけたり、色々使えるのでとても便利です。

個人的には鶏むね肉を蒸して、その上にうにソースをかけて食べるのが美味しいと思います。

ただし、生クリームもあまり日持ちしない食品です。

作ったうにソースは早め早めの消費を心がけましょう。

粒うにを解凍して再冷凍するのはよくない?再冷凍がNGの理由は何?

粒うにを解凍して再冷凍するのはよくない?再冷凍がNGの理由は何?

粒うにを解凍して再冷凍するのはよくない?

うにを解凍したはいいけれど、やっぱり食べきれなくて再冷凍をしていませんか?

解凍したうにを再冷凍するのは、よほどの理由がない限りは避けるようにしましょう。

1つ目の理由として、味や風味が落ちるからです。

最冷凍をすることでうにの組織が壊れ、解凍した時にうにがドロドロになってしまう危険もあります。

2つ目の理由としては、食中毒のリスクが高まる為です。

解凍している間にうにの温度が上がり、うにに付着している微生物や菌の活動が活発になります。

しかし、そのあと再冷凍したからといって、全ての微生物や菌が死滅するわけではないのです。

それらの中にはとても丈夫であったり、タンパク質や細胞膜が特殊な成分でできていて寒さに強かったりするなど、冷凍庫の温度でも生き延びる者が多数います。

そうして生き延びた雑菌や微生物が増殖したり、毒素を分泌させることにより、一気に食中毒のリスクが上昇するのです。

以上の理由により、解凍したうにの再冷凍は避けるべきだと言えますね。

また、うには冷凍しているからと言って、半永久的に保存できるわけではありません。

長くても180日程、約6ヶ月が限界です。

冷凍庫の奥に眠っていた一年前のうにを解凍して食べる、なんてことはしないようにして下さいね。

解凍したうにの最適な保存方法は?

解凍したうにの最適な保存方法は?

解凍したうにの最適な保存方法は?

解凍したうには、密閉で蓋付タッパや瓶などに入れて冷蔵庫に保管しましょう。

直接箸をつけて食べず、スプーンなどですくい取って皿に移してから食べるようにして下さいね。

最後に、うにの美味しい解凍方法も併せてご紹介します。

うには冷蔵庫に入れて、ゆっくり解凍するのがおススメです。

早く解凍したいからと、レンジで温めたり流水につけたりするのは避けましょう。

また、解凍したうにが生臭くなってしまうこともあります。

そういった場合はアルミホイルにうにを乗せ、料理酒や日本酒を臭み消しにかけます。

その後オーブントースターで焼き目をつければ、美味しい焼きウニとして食べるのがいいですね。

そのままお酒のつまみにしてもいいですし、おにぎりの具にしても美味しいです。

少し醤油を垂らして食べると、さらに美味しさがアップします。

焼きうにはうにの独特な風味が苦手な方でも、美味しく食べられると思います。

是非ご家庭で試してみてはいかがでしょうか?

うに解凍後の賞味期限などに関するまとめ

冷凍うには、解凍してから2日後までなら食べられます。

食べ切れない場合は加熱すると、もう1日食べられるようになります。

ですが、うにはあくまで生物ですので早めに食べることを心がけた方がいいでしょう。

筆者は生のうには得意ではないのですが、焼きうにやうにソースと言った加工品は好きです。

年末年始は、うにやイクラと言ったちょっと高級な海産物が食べられる機会が増える為、個人的には嬉しい時期です。

ただ、海産物はアニサキスや食中毒が怖いです。くれぐれもご注意の上、食べるようにしたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする