ご飯の日持ちを知りたい!常温で置いておける期間はどれくらい?

ご飯を日持ちさせるには常温では長持ち
させられません。

ですから、現代のご飯の保存は冷蔵庫に
入れて保存することが多いです。

しかし、冷蔵庫に入れ忘れる時もあります。

そんなとき、長い時間が経ってしまった
けれど食べても大丈夫かな?と心配に
なりますよね。

冷蔵庫がなく常温保存の時代は、生活の知恵
でどのくらいの期間までは大丈夫とか、自然
に身に付いていました。

しかし、冷蔵庫に何気なく入れている現代の
人は、ご飯はどのくらい常温に置いておけるか
わからな人が多くなっています。

ご飯を放置していた条件によっても違いは
ありますが、常温で置いておける時間を
調べてみました。

スポンサーリンク

ご飯は常温でどれくらい置いておけるの?日持ちさせるレシピも紹介!

ご飯は常温でどれくらい置いておけるの?日持ちさせるレシピも紹介!

ご飯常温の日持ち

ご飯を常温で置いておける期間は通常下記の

ように言われています。

夏:半日~1日

春:秋:2日

冬:3日

ただし、2、3日も経てばどうしても風味や

食感は落ちてしまいます。

炊いたご飯を美味しく日持ちさせるには

冷凍庫に入れて保存するのが一番です。

少しでも美味しい状態で冷凍保存するコツは、

炊き立てのご飯が熱いうちに冷凍庫に入れる

ことです。

保存するときは、温かいご飯を1回分ずつ

ラップに包む。

あるいは100均の1合用か2合用の

タッパーに入れると便利です。

ただ、熱いご飯を冷凍の部分に入れると

他の冷凍してある食品が大丈夫かと心配に

なりますよね。

今は、冷凍庫のスペースが多く取ってあり、

幾つにも区切られている冷蔵庫も増えて

いますから、そのような冷蔵庫があれば

便利ですね。

しかし、冷凍庫のスペースがあまりないと

いう場合は、冷凍庫内の食品を10分~15分

ほど冷蔵のスペースに入れて、熱いご飯が

覚めたころ冷凍庫に戻します。

そんなことをして、冷凍してあった食品が

大丈夫?と心配に思われるかもしれません。

でも、スーパーで冷凍食品を買って冷凍庫に

入れるまでに、軽く10分や20分経ちます

よね。

だから、10分程度冷蔵の方に移動して

あっても大丈夫です。

本当は面倒でも、上記の方法が一番美味しく

保存したご飯が食べられる方法です。

でも、そんなの面倒で嫌という人は、小分け

したご飯が冷めてから冷凍庫に入れてください。

ちなみに、冷凍庫で保存したご飯は水分が

抜けているので、美味しいチャーハンや

ピラフができやすいです。

これがご飯を日持ちさせたときのおすすめ

レシピです!

冷やしても注意は必要!ご飯の日持ちは冷蔵庫に入れてもこのくらい!

冷やしても注意は必要!ご飯の日持ちは冷蔵庫に入れてもこのくらい!

ご飯の日持ちは冷蔵庫てもこのくらい!

おひとりさまが増えた現代は、ご飯をまとめて

炊いておく人が増えています。

まとめて炊いて冷蔵庫に入れておくとご飯が

悪くなる心配もなく安心です。

しかし、たとえ冷蔵庫で冷やした状態で

おいても注意が必要です。

冷蔵庫での保存期間は季節によっても多少

違いますが、およそ2~3日保存できると

されています。

上記の期間はあくまでも目安なので、食べる

とき変なにおいがしないかどうか確かめて

ください。

冷凍庫で保存するなら2~3ヶ月は美味しく

食べられます。

保存する容器ですが、ラップなら問題

ありません。

タッパーはご飯のニオイが吸収されるので、

ご飯専用のタッパーに入れるのがおすすめ

です。

まとめ

冷蔵庫や冷凍庫などの便利なものがあり

ますから、ご飯は簡単に美味しく日持ち

させることができます。

まとめて炊くことはコスパもいいですから

ぜひ活用したいですね。

余談になりますが、冷蔵庫の電源を切った

ときにすぐに電源を入れると冷蔵庫が壊れて

しまいます。

私の失敗なのですが、掃除機をかけている

時に誤って冷蔵庫の電源を抜いてしまった

ことがありました。

その時に、慌てて電源を入れてしまったら、

冷蔵庫が壊れてしまったのです。

それで、新しい冷蔵庫を設置しに来てくれた

人に聞いてみました。

冷蔵庫の電源を切ると、コンプレッサーと

呼ばれる心臓部で、冷蔵庫を止めるための

機能が作動し始めるので、7分ほど経って

から電源を入れないとコンプレッサーに

負担がかかるとのことでした。

私の場合は、コンプレッサーに負担どころか

壊れてしまいましたが^^;

毎日便利に使っているだけに、冷蔵庫の急な

故障は困ります。

くれぐれも私のような失敗がないように

ご注意ください^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする