お葬式に白いワイシャツは定番?!ボタンダウンや織柄のワイシャツは?

はじめて葬式に参列することになったときに頭を悩ませるのが服装です。黒のスーツはわかるけどワイシャツは白ならなんでもよいのか?

ボタンダウンのシャツは大丈夫なのか?
少しくらい織柄が入っていても白いワイシャツなら許されるのか?

今回はそんな疑問にお答えして、お葬式でのワイシャツ着用のルールについてご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

喪服には白いワイシャツが定番!織柄やボタンダウンの着用はOK

故人のご冥福をお祈りするために、たくさんの人が参加するお葬式。親戚、友人、会社関係など、故人を中心にあらゆる方面から弔問客が集まります。

そんな中、華美な服装や、個性を際立たせるファッションは避けるのが常識。喪服もワイシャツも、できるだけオーソドックスなものを選ぶのが基本です。

1.ワイシャツの色は白が定番

 

葬儀に出席する場合、喪服として着用するのは黒いスーツですよね。以前はお通夜の席は黒ではなく、ダークスーツが一般的でしたが、最近では、お通夜もお葬式もブラックスーツで出る方が増えてきました。では、その下のワイシャツは何を着るのがいいか?

正解は、ずばり「白無地」です。

ビジネスの現場では、いわゆる「白無地」の着用は少なくなりました。若いおしゃれなビジネスマンなら、仕事用のワイシャツにもこだわりを見せ、色の付いたものや、柄物を着ることが普通になっています。

しかし、葬儀はあくまでも厳粛な儀式です。そこには長い時間をかけて出来上がったルールが存在します。

個性の表現は他の機会にまわして、「白無地」のワイシャツを用意しましょう。ふだん着用しなくても、一枚あればいざという時安心です。

そんなに高価なものでなくてもかまいません。購入をおすすめします。

2.ストライプや織柄のシャツはOK?

 

ワイシャツは白無地が定番だと理解していただけましたか?わざわざ「白無地」と限定したのには理由があります。

白いワイシャツといっても、無地でないものがたくさん存在していますよね。細いストライプが入ったものや、織柄が入ったシャツもおしゃれです。

ドレスシャツを織る際に出来る柄が織柄ですが、それぞれに特徴があり、厚さや光沢など、織り方によって個性が出てきます。ふだんならワンランク上の着こなしを楽しめるアイテムですが…

残念ながら、お葬式での着用はNGとなります。

どんなにさりげなくても、織柄は無地とは違う雰囲気を持っています。白無地ばかりの中では、ちょっとした違いもかなり目立ちます。

同じ理由で、ストライプや襟にラインが入ったシャツもNG。お葬式には「白無地」のワイシャツ。これを覚えてください。

3.ボタンダウンは着用可能か?

 

色の問題が解決したところで、言っておきたいのが「ボタン」のこと。「白で無地ならボタンダウンでもいいでしょう?」なんて思った方はいませんか?

ごめんなさい。実はこれもNGなんです。

一見、きっちりした印象のあるボタンダウン。しかし、カテゴリーとしてはカジュアルシャツとみなされています。フォーマルな場であるお葬式には着用しないのがルールです。

もう一つ言うなら、黒いボタンも避けてください。ボタンは白い小さなもののみ。これがお葬式のワイシャツの決まりです。

織柄も、ボタンダウンも、ストライプも、お葬式で着るのは我慢してくださいね。

お葬式にワイシャツは長袖が定番?半袖のワイシャツの着用はNG?

お葬式にワイシャツは長袖が定番?半袖のワイシャツの着用はNG?

お葬式にワイシャツは長袖が定番?

季節を問わず突然やってくるのがお葬式です。

冬なら着込めばいいですが、暑い夏の喪服は考えただけで汗が出ます。

クールビズが定着してきた昨今、お葬式でも何か対策があるでしょうか。

1.ワイシャツは半袖でも大丈夫?

出席した方ならわかると思いますが、お葬式に上着なしで出る人はいません。どんなに暑くとも、式の間はみんな喪服を着用しています。

その昔、半袖のスーツを開発した人がいました。しかし、喪服でそれをやったらひんしゅくを買うでしょう。

お葬式には黒いスーツを着用。これは動かせないルールです。

では、ワイシャツはどうでしょう?

ワイシャツも長袖でないとダメなのか?

結論を言うと、ワイシャツは半袖でもOKです。

もちろん長袖の方がいいんですよ。正式には長袖。でも、暑い時期なら半袖でも許されはします。

ただし、お葬式の間は上着を脱がないこと。出来れば会場に着く前に上着を着用し、出た後に脱ぐ。

それを守れば、下に半袖のワイシャツを着ることは可能と言えます。

2.喪服にも涼しくなる工夫を

ワイシャツを半袖にしてもまだ暑さは残ります。熱中症で倒れないためにも、最低限の工夫はしておきましょう。

真っ黒の喪服は太陽の光を吸収しやすく、どうしても熱がこもります。

それを防ぐために、熱を吸収しにくい素材のものが開発されています。最近では、着るだけでひんやりする素材のものも。

うまく取り入れれば、暑さもかなり軽減するのではないでしょうか。

葬式に着るワイシャツのまとめ

葬式に着るワイシャツのまとめ

葬式に着るワイシャツのまとめ

お葬式の服装についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

一口に白いワイシャツと言ってもいろいろあります。

ボタンダウンや織柄など、一見「大丈夫」と思うようなものが

実はNGだったりします。

逆に半袖のワイシャツは、うまく利用することで暑さ対策に効果を発揮します。

大事なのはお葬式がルールに則った儀式であり、故人のご冥福を祈る厳粛な時間であることを意識すること。

そこを間違わなければ、素直にルールに応じた服装が出来るはず。

ワイシャツ以外にも、ネクタイや靴などルールはたくさん存在します。まわりの先輩に聞いてみるなど、しっかりリサーチして堂々と故人をお見送りできるよう準備しましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする