シリカゲルは再利用できる?!電子レンジで再生できるって本当?!

おせんべいやクッキーの袋に、ちょこっと入っている小さな袋。
あまり気にも留めない、シリカゲルの袋です。

すぐに捨ててしまう人が多いかと思いますが、実はシリカゲルを再利用できるのをご存知ですか?

乾燥剤なので、吸収した水分を飛ばしてやれば、また使えるようになるのです。

手軽な再生方法のひとつとして、電子レンジでの加熱があります。
とはいっても、どれくらいの温度で、どれくらいの時間にすればいいのか分かりませんよね。

今回は、そんなハテナにお答えしようと思います。

スポンサーリンク

シリカゲルは再生可能?!電子レンジで加熱するなら温度と時間は?

シリカゲルは再利用できる?!電子レンジで再生できるって本当?!

シリカゲルは再利用できる?

先にお伝えしたように、シリカゲルは再生可能な物質です。

再生というのは、シリカゲルが吸収した水分を蒸発させ、再び乾燥剤として使えるようにするということです。

再生のための加熱方法はいくつかありますが、電子レンジでのやり方をご紹介しましょう。

レンジはどのご家庭にもあるかと思いますし、何より、作業が手軽でいいかと思います。

シリカゲルを再生させるときに、気を付けたいことがいくつかあります。

まず、加熱はゆっくり行うこと。

高い温度で短時間というよりは、低い温度で時間をかけて行う、と考えてください。高温での急激な加熱は、シリカゲルの吸湿する性能を下げてしまう可能性があります。

そして、既にシリカゲルが吸っている水分は、しっかり蒸発させることです。水分がしっかり飛んだかということは、色を見れば分かります。

吸湿した状態だとシリカゲルはピンク色で、乾燥すれば青色になるのです。

また、再生させたいシリカゲルの量が多い場合、一度に処理するのは難しいかと思われます。まとめてやりたいならフライパンで気長に炒るか、乾燥機を使うとよいそうです。

電子レンジの場合には、面倒ですが小分けにして加熱を行ってください。以上のことを踏まえて、電子レンジでの加熱について見ていきましょう。

再生したいシリカゲルが少量(たとえば、小袋1つ程度の場合)なら、弱いワット数で加熱しましょう。

「解凍モード」があれば、そちらを利用してもいいでしょう。3分ほど加熱して、1~2分ほど冷まして様子を見ましょう。

量と加熱時間が心配なら、500wでまずは1分加熱してみてください。1分かけて、しっかり冷まし、また1分かけて、しっかり冷ます。

これでシリカゲルが青色になれば、しっかり水分が蒸発したということになります。

700くらいのワット数なら、1分半~2分の加熱を繰り返し、色の変化を見てくださいね。ワット数は、お使いになる電子レンジによって変わります。加熱の前には、確認しておくようにしましょう。

シリカゲル再利用!小袋入シリカゲルはそのままレンジで加熱OK?!

さて、シリカゲルを電子レンジで再生させる方法は、何となく分かっていただけたかと思います。

ちなみに、レンジで加熱する際には、袋から中身を出して行うことをおすすめします。

「少しの量なら、そのままレンジで加熱してもいいのでは?」少しでも手間を省きたくて、そう考えるかもしれません。

大丈夫な場合もあるかもしれませんが、失敗したときの片付けを考えると、小袋から出して加熱するのがいいでしょう。

では、なぜ小袋のままレンジで加熱しないほうがいいのでしょう?

シリカゲルの多くは、ビニール製の袋に入っていることが多いですよね。レンジでの加熱は、意外に高温になるものです。

加熱を繰り返した結果、ビニールが溶けてしまう恐れがあるのです。

また、普段レンジを使用していて、こんなことはありませんか?

器にぴっちりとかぶせたラップが、パンパンに膨らんでいる…。

これは、加熱の際に発生した水蒸気の逃げ場がないためです。

これと同じことが、小袋のまま加熱したときに起こる可能性があります。小さな袋の中は逃げ場のない水蒸気でいっぱいになり、やがて破裂してしまいます。

レンジ内でものが破裂したときのうんざり感は、誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか…。

これらの理由から、シリカゲルを小袋のままレンジで加熱するのは、残念ながらOKとは言いがたいのです。

少し面倒でも、耐熱の皿などに広げて作業するようにしてください。

なお、シリカゲルは食べ物ではありませんが、無毒な物質です。いつも使っているお皿に開けても、ちゃんと洗えば問題はないでしょう。

まとめ

いつも何気なく捨てているシリカゲルが、再生して使えるようになるとは驚きでしたね。再生したシリカゲルは、またいろいろな用途で使うことができます。

食品が湿気るのを防いだり、靴箱に入れる(湿気による悪臭の予防)のもおすすめです。そして、短い時間でドライフラワーを作ることができるのです!

実は以前やったことがあるのですが、自然に乾燥させるより、ずっと早くてきれいなドライフラワーが出来ますよ。作り方はとても簡単です。

大きめのタッパーなどに、シリカゲルを敷いておきます。その上に花を置き、花を覆い隠すように上からも振りかけます。

このとき、シリカゲルは優しく振りかけてください。乱暴にザバッとやってしまうと花がゆがみ、そのままの形でドライフラワーになってしまいます。

数日間そのまま放置し、中の花を見て乾燥しているようなら出来上がりです。

出来上がったドライフラワーは、密閉できる容器に入れて保存しましょう。

このとき、容器にシリカゲルを敷いておくのをお忘れなく!

このように、実用的な用途から趣味の分野まで、幅広くカバーしてくれるシリカゲルです。

これからは、おせんべいの中の小袋を、ちょっとは気にするようになるかも…?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする