えっ!そうだったの!?サンタがトナカイで来る由来と袋の名前とは!

クリスマスの風物詩といえば、サンタクローストナカイですよね。

そう言えば、素朴な疑問ですが、サンタさんはなぜトナカイに乗ってやってくるのでしょうか?

又、サンタさんが持ってくる、プレゼントが入った袋は何という名前なのでしょうか?

ここでは、意外に知らない、サンタさんにまつわる素朴な疑問を解明していきます。

そして、サンタさんとトナカイを、折り紙で作る方法も紹介しますよ!

スポンサーリンク

サンタクロースの袋の名前とトナカイに乗ってくる由来とは?

サンタクロースの袋の名前とトナカイに乗ってくる由来とは?

サンタクロースの袋の名前とトナカイに乗ってくる由来

サンタクロースは、大きな袋にプレゼントを入れて持ってきますよね。

では、あの大きな袋は、一体、何という名前なのでしょうか?

実は、サンタさんが持っている袋には、正式な名前は存在していないようです。

なので、ほとんどの人は、「プレゼント袋」「サンタさんの袋」と呼んでいますね。

ただ、サンタクロースの袋は、実はとても神聖なものだとされているようです。

サンタさんの袋の中には、プレゼントと一緒に、サンタさんの慈愛の心が入っていると言われています。

サンタさんは、元々、慈悲深い成人をモデルにしています。

そのため、サンタさんは、プレゼントと一緒に、慈愛の心も子供たちに贈っているのですね。

サンタさんからのプレゼントは、「ただのおもちゃ」ではなく、神聖な愛そのものなのかもしれません。

さて、サンタさんは、トナカイが引くそりに乗って現れます。

では、なぜサンタさんは、トナカイと一緒に行動するのでしょうか?

サンタさんのモデルになっているのは、聖ニコラスという男性ですが、この聖ニコラスを描いた絵本があります。

この絵本は100年以上前のものですが、そこに、トナカイとそりに乗っている絵があるそうです。

これが強いインパクトとなり、「サンタさん=トナカイと一緒」というイメージが定着しました。

なので、元々は絵本の挿絵がきっかけで生まれたイメージだったのですね。

子供と一緒に! サンタさんとトナカイを折り紙で作る方法

では次に、サンタとトナカイを折り紙で作る方法をお話します。

サンタもトナカイも、かわいい作品を簡単に折ることができますよ!

大人も、子供の心に戻って、ぜひお子さんと一緒に折ってみてください^^

では最初に、サンタさんの折り方をレクチャーした動画を紹介します。

(https://www.youtube.com/watch?v=awz8EqPFM-o)

用意する折り紙は、赤い折り紙1枚だけです。

そして、もし用意できるようなら、赤と白の、小さくて丸いシールも用意してください。これは、サンタさんの鼻と、洋服のボタンに使います。

もし用意できない場合は、サインペンで描き込む形でもOKですよ。

三角折りから始めて、しっかり折り線をつけながら、その折り線に沿って折っていきます。

後半戦が、少し細かい作業になるので、折り線を特にしっかりつけて折ってください。

折り線がついていないと、細かい部分がおりにくくなってしまうためです。

折り終わったら、個性豊かなかわいい表情を描き込んで完成です!

次に、トナカイの折り方をレクチャーした動画を紹介します。

(https://www.youtube.com/watch?v=_hUeuqEJw1k)

用意するのは、茶色い折り紙2枚で、もし用意できれば、赤い小さな丸いシールも1枚用意します。

赤いシールは、トナカイの赤い鼻に使いますが、シールがなければ、赤いサインペンで描き込みます。

トナカイの場合、顔と胴体を別々に折るので、折り紙が2枚必要になります。サンタさんと同じく、顔も胴体も、三角折りから始めていきます。

顔の方が少し折り方が細かいので、折り線をしっかりつけて折りましょう。顔と胴体は、それぞれ完成したら糊で貼り付け、最後に赤いシールを貼って完成です。

まとめ

サンタさんが持っているプレゼントの袋には、正式な名前は付いていません。

でも、この袋の中には、プレゼントと一緒に、慈愛の心もたくさん入っていると言われています。

「サンタさんはトナカイに乗って現れる」というイメージは、100年以上前の絵本の挿絵から定着しました。

今ではベストコンビのサンタさんとトナカイ、折り紙でも作ることができます。簡単に折ることができるので、ぜひ親子で楽しく折ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする