ダニが洗濯機にうつる!? 洗濯機で死なないダニ対策を教えます!

「洋服にダニが付いた時は、洗えば大丈夫」
そう思っていませんか?

ダニが付いたままの洋服を洗濯機に入れると、
ダニが洗濯機にうつるんです!

しかも、そのダニは、洗濯機の中でもなかなか
死滅しないので厄介です…。

そこで、洗濯機にうつってしまったダニを
退治するための方法を紹介します。

スポンサーリンク

洗濯機で死なないダニに乾燥機が効果あり!

洗濯機で死なないダニに乾燥機が効果あり!

洗濯機にダニがうつる

洗濯機でなかなかダニが死なない時、これ以上

洗濯機を回してもダメです。

でも、そのままにしていると、ダニが繁殖し、

洋服に次々付いてしまいますよね。

そこで、ダニを退治するために、洗濯機では

なく、乾燥機に活躍してもらいましょう!

実はダニは、60℃以上の高温の環境では生き

ていけないということを知っていますか?

なので、ダニが生息できない、高温の環境を

作ってしまいましょう。

洗濯・自然乾燥させた後の洋服を、全て

乾燥機で乾燥させてください。

乾燥機の中は、確実に60℃以上あるため、

ダニが全て死滅してくれます。

全ての洗濯物を乾燥機に入れるのは面倒で

すが、ダニを死滅させるためです。

しばらくの間は、ぜひ洗濯物を乾燥機で

乾燥するようにしてみてください。

そして、乾燥機で乾かした後は、洗濯物を

ベランダでパンパンはたき、ダニの死骸を

落としておきましょう。

ちなみに、「家に乾燥機がない」という場合も

ありますよね。

このような場合は、アイロンを代用する

ことをオススメします。

ある程度自然乾燥させた洗濯物1枚1枚に、

全てアイロンをかけましょう。

ちょっと手間がかかりますが、確実にダニが

死滅する方法ですよ。

それと同時に、洗濯機の中に、これ以上ダニが

繁殖しないようにする必要もあります。

洗濯が全て終わった後は、洗濯機の蓋を

開けっ放しにしておいてください。

ダニは、湿気の多い環境で、大量に繁殖して

しまう生き物です。

洗濯機の蓋を締めていると、洗濯機の中が

湿気でいっぱいになってしまいますよね。

これでは、ダニが繁殖しやすい環境を作って

しまうことになりますので。

洗濯機のダニ退治なら漂白剤!? おすすめの漂白剤を紹介

さて、洗濯機にうつってしまったダニは、

漂白剤を使って対峙することがオススメです。

洗濯が終わったら、洗濯機用の漂白剤を

洗濯機に入れて漂白してみてください。

洋服用の漂白剤ではなく、必ず洗濯機用の

漂白剤を使ってくださいね。

そして、漂白が終わったら、洗濯機の中を

高温乾燥しておきましょう。

ダニの嫌いな乾燥+高温の環境を作り、ダニを

しっかり退治してください。

早い段階でこの作業をしておけば、ダニが

繁殖する心配はなくなりますよ。

又、湿気が多い時期は、この作業を1週間

くらい毎日行うことをオススメします。

では、洗濯機のダニ退治には、どんな漂白剤を

使ったら良いのでしょうか。

そこで、ぜひオススメしたい、洗濯機用の

漂白剤を紹介します。

まずオススメしたいのは、アリエール洗濯槽

クリーナーです。

アリエール洗濯槽クリーナー

値段もリーズナブルで、インターネット通販でも、

近くのドラッグストアで買うこともできます。

成分の強過ぎる塩素を使っていないので、

安全性にも定評があるようです。

でも、ダニはもちろん、カビ・雑菌も一挙に

死滅させる効果はかなり高いと評判です。

次にオススメしたいのは、シャボン玉洗濯槽

クリーナーです。

シャボン玉洗濯槽クリーナー

この漂白剤は、酸素系なので、危険な塩素を

使っていないので安心です。

地球環境と人体への影響に配慮した、「シャボン

玉石けん」が出している漂白剤ですよ。

なので、成分に不安がある人でも、安心して

使うことができます。

又、プラスチック洗濯槽・ステンレス洗濯槽

のどちらにも対応できます。

値段も、比較的リーズナブルなので、家計に

優しい漂白剤ですよ。 

 

まとめ

ダニがうつってしまった洗濯機の中で洋服を

洗濯してしまったら、乾燥機を使いましょう。

ダニは、乾燥している環境・高温の環境では

生きていくことができないからです。

そして、洗濯後は、洗濯機の蓋を開けたままに

して、湿気がこもらないようにしてください。

又、洗濯機にダニがうつってしまったら、

早めに漂白剤で消毒しましょう。

そしてその後は、洗濯層の中を高温乾燥

させてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする