ワイシャツが再利用できるって本当? こんなにあった使い道!

古くなったワイシャツやシミなどがあるワイシャツを、そのまま捨てていませんか?
実は、着なくなったワイシャツは、色々なものに再利用の使い道があるのです。

なので、「もう着ないから」と、捨ててしまうのはもったいないですよ。

ここでは、ワイシャツの生地を簡単に再利用する、色々なアイデアを紹介します。更に、ワイシャツを掃除のアイテムとして再利用するアイデアについても触れていきますので、参考にしてくださいね^^

スポンサーリンク

ワイシャツの生地を再利用する使い方

ワイシャツが再利用できるって本当? こんなにあった使い道!

ワイシャツ再利用の使い道

まず、ワイシャツの生地をリメイク材料として再利用する方法を紹介します。

最初に紹介するアイデアは、「枕カバーを作る」というものです。まず、ワイシャツの衿・袖を切り落としてしまい、ただの長方形の布にしてしまいます。

切り落とした後のけば立った部分は縫っておき、ボタン部分は外さずにそのままとっておきます。

ボタンを付けたままにしておくことで、ワイシャツが筒形になり、枕カバーの形になります。

ワイシャツの生地はサラサラしているので、枕カバーにピッタリですよ!

もし家に子供がいる場合は、ワイシャツの生地を、名前用の布やゼッケンに使ってもOKです。

ワイシャツは白、もしくは白っぽい色合いの生地ですよね。

なので、名前用の布やゼッケンには、とても重宝するのです。

名前用の布やゼッケン用に、わざわざ白い布を買うのももったいないですよね。そんな時、古いワイシャツの生地があれば、思う存分使うことができますよ。

着なくなったワイシャツを、妻に渡して、子供のものとして使ってもらいましょう。

ワイシャツの再利用! 掃除にも使える便利な技!

着なくなったワイシャツは、切って解体し、掃除用の雑巾に再利用することもできます。

でも、ワイシャツの生地は、あまり水分を吸収しませんよね。そのため、床掃除の濡れ拭き雑巾には、向いている生地ではありません。

又、床の乾拭き雑巾にしても、汚れをあまり拭き取れないので、不向きです。

では、古いワイシャツは、どこを拭く雑巾として使ったら良いのでしょうか?

まずオススメしたいのが、台所の油汚れ専用の雑巾です。ワイシャツの生地は、油汚れをきれいに拭き取ることができると評判です。

なので、夫の古いワイシャツを小さく切って、台所の近くにキープしている人も多いようです。

油汚れを拭き取る時、いちいち布巾やキッチンペーパーを使うのはもったいないですよね。でも、小さく切ったワイシャツの生地があれば、それを使い捨て雑巾にすることができます。

たくさんキープしておくと、台所の掃除がラクになりますよ!

又、窓や網戸拭きの雑巾として使っている人も多いようです。タオル地の雑巾などは、窓拭きには向いていませんよね。

でも、ワイシャツの生地は、窓掃除にとても向いていますよ。洗剤をスプレーした後、乾いたワイシャツの生地で拭いていくと、窓がピカピカになります。

一方、網戸は黒く汚れやすいので、雑巾がすぐに汚くなってしまいます。そこで、古いワイシャツの生地を、使い捨ての雑巾として使ってみてください。

使い捨てであれば、黒く汚れてしまっても、惜しげなく使えますね。

更に、「家の中の細かい部分の掃除に再利用する」という方法もオススメです。

まず、ワイシャツをできるだけ小さくカットして、袋にまとめてキープしておきます。そして、使う時は、割りばしなどでその生地を挟み、細かいところを拭いていきましょう。

細かいところのホコリを掃除できるアイテムは、意外に少ないものです。こんな時、古くなったワイシャツの生地が、掃除アイテムとして大活躍しますよ!

まとめ

着なくなったワイシャツは、枕カバーや、子供の名前用の布・ゼッケンなどに再利用できます。

又、ワイシャツを小さく切って解体し、使い捨ての雑巾にするのもオススメです。特に、油汚れのひどい場所や、細かい場所の掃除に使い勝手がいいですよ。

更に、窓や網戸の掃除をする時にも使えるので、思った以上に用途がたくさんあります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする