御会式行くなら池上!? 池上本門寺のお会式の楽しみ方と服装は?

御会式とは、毎年10月11~13日にかけて池上
本門寺で行われる、日蓮上人の法要です。

御会式が行われる期間は、美しい万灯練り行列や、
楽しい屋台などで盛り上がります。

そのため、御会式が開かれると、毎年たくさんの
人たちが池上本門寺に集まります。

ここでは、そんな池上本門寺の御会式に行く時に
知っておきたいポイントをまとめました。

スポンサーリンク

池上本門寺の御会式に行ったら、万灯練り行列はぜひ見ておきたい!

池上本門寺の御会式に行ったら、万灯練り行列はぜひ見ておきたい!

池上本門寺の御会式に行ったら、万灯練り

行列はぜひ見ておきたい名物です。

ただ、この万灯練り行列は、御会式の期間、

毎日行われるわけではありません。

万灯練り行列は、12日の夜18~23時までの

間しか行われないので、気をつけてくださいね。

和紙で作られた美しい花が飾られた万灯が、

池上本門寺の周辺や境内を練り歩きます。

そして、万灯だけでなく、太鼓や笛などの

お囃子団体も一緒に練り歩きます。

華やかな万灯と、心躍るお囃子の演奏の

共演は、本当に見事ですよ!

この日ばかりは、小さい子供も夜更かしを

して、この美しい光景を楽しみます。

御会式最大の名物なので、当日は毎年かなり

混雑し、駐車場も取りづらくなります。

なので、早めの時間帯に、公共交通機関で

行くことをおすすめします。

  

池上のお会式なら見ておきたい御会式桜とは? どこで見られる?

池上のお会式なら見ておきたい御会式桜とは? どこで見られる?

池上本門寺の御会式では、万灯練り行列の

他に、御会式桜という名物もあります。

桜と言えば、春先に咲くもので、10月に

見られるものではないですよね。

ところが、この時期に咲く「御会式桜」という

ものがあり、御会式期間中に楽しむことが

できます。

日蓮上人が亡くなった際、なぜか季節外れの

桜が咲き誇ったと言われています。

この桜は「御会式桜」と名付けられ、御会式の

名物となりました。

御会式桜は、池上本門寺ではなく、その

ふもとにある「池上大坊本行寺」で見ることが

できます。

池上大坊本行寺は、池上本門寺に向かう

道中にあるので、わかりやすいと思います。

境内に入ると、本殿の前に、柵で囲われて

いるエリアがあります。

その柵の中に植えられている木が、御会式桜

です。

春先に咲く一般的な桜よりも、少し控え目な

咲き方のかわいい桜ですよ。

なので、「満開で華やか」という雰囲気では

ありませんが、心が和む桜です。

毎年御会式の時期になると、この御会式桜も

一緒に楽しむという人も多いようです。

御会式に行く前に、ぜひ池上大坊本行寺に

立ち寄り、御会式桜を見に行ってみて

ください。

ちなみに池上大坊本行寺には、日蓮聖人が

ご入滅されたご臨終の間があります。

ご臨終の間にはご講義の際に日蓮聖人が

寄りかかっていたとされる柱の一部が

置かれています。

これがあるからなのかわかりませんが

このご臨終の間はすごく強い気を感じる

ことがあります。

ということで個人的にはパワースポット

だと感じているので、これも気にかけて

みてください。

 

 

お会式に着て行く服装は何がおすすめ? 選ぶポイントは?

さて、御会式に行く場合、服装はどのような

ものが良いのでしょうか。

「法要だから、あまりラフな服装では行かれ

ないのでは」と心配している人もいるかも

しれませんね。

でも、一般の人が行く場合は、普段通りの

服装で大丈夫ですよ。

なので、身構えない服装で行き、気軽に

楽しんでくださいね。

ただ、服装を選ぶ時、いくつか知っておきたい

ポイントがあります。

御会式はかなり混み合うため、たくさんの人と

ぶつかり合うことが考えられます。

又、屋台が出るので、飲んだり食べたり

しながら歩く人も多いですよね。

この時、人と接触して、洋服が汚れてしまう

可能性も高いです。

そのため、汚したり、シワになったりしても

差し支えない服装をおすすめします。

更に、御会式の期間は、10月半ばなので、

少し肌寒くなり始める時期です。

そのため、上着を持参して御会式に行く

ようにしてくださいね。

特に、万灯練り歩きなどが行われる夜の

時間帯は、ずっと外にいると、思った以上に

冷え込みます。

なので、夜の防寒はしっかり行った上で

楽しむようにしてくださいね。

 

まとめ

池上本門寺の御会式は、10月11~13日にかけて

行われる、日蓮上人の法要です。

法要と言っても、万灯練り歩きや屋台などで

賑わうお祭りなので、賑やかで楽しいですよ。

又、池上本門寺のふもとにある池上大坊

本行寺では、御会式桜という、季節外れの

桜も楽しめます。

御会式に行く場合は、基本的には、普段通りの

ラフな服装で大丈夫です。

ただ、10月半ばで少し肌寒くなり始めるので、

上着は忘れずに持って行ってくださいね。

特に、夜の万灯練り歩きを楽しむ人は、

冷えて風邪をひかないように、防寒をしっかり

行いましょう。

 

スポンサードリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする