ワイシャツのリメイク術! 古いものから小物を作る方法

夫が着ていた古いワイシャツは、なかなかその後の使い道が見つかりませんよね。
更に、シミなどがついている場合は、捨てる他ないと思っている人が多いようです。

でも実は、古いワイシャツは、ちょっとひと手間を加えると、新しいものにリメイクできるのです!

そこで、古いワイシャツを使った、面白いリメイク術を紹介します。

スポンサーリンク

ワイシャツのリメイク術! 簡単に小物を作る方法を伝授します!

ワイシャツをリメイクすると、女性や子供も使える小物を作ることができますよ。

では、ワイシャツのリメイクから、どんな小物を作ることができるのでしょうか。

まず最初に紹介したいのは、風邪シーズンの必需品・マスクです。

ワイシャツの生地を使ったマスクは、とても丈夫で長持ちしますよ!

1.まず、古いワイシャツの他に、ガーゼの布と、幅1cm以下の平ゴム用意してください。

2.ガーゼを2~3枚重ねて、10×12cmくらいにカットします。

3.ワイシャツを、②で切ったガーゼよりひと回り大きいくらいのサイズに切ります。

4.で切ったワイシャツの生地を2枚用意してください。

5.ガーゼを、切ったワイシャツの布で覆い、端のけば立った部分を内側に織り込みます。

6.で内側に織り込んだ部分を縫い上げ、けば立たないように仕上げます。

7.顔のサイズに合わせて平ゴムを切り、それを2本用意します

8.で作った布地に、平ゴムを縫い付けたら完成です!

次に紹介するのは、お買い物の必需品・エコバッグです。

ワイシャツの丈夫な生地を使って、毎日のお買い物に使うエコバッグを作りましょう。

1.ワイシャツの他に、好きな色のバイアステープを用意してください。

2.まずワイシャツの袖を切り落として、「ノースリーブの状態」にします。

3.衿の部分を、「丸首型」になるように切り落とします。

4.裾の部分を、横にまっすぐ切り、その後、表の部分と裏の部分を縫い合わせます。

5.で切った袖の部分と、②で切った衿の部分にバイアステープを縫い付けて完成です!

ワイシャツのリメイクでチュニックも作れる!

ワイシャツのリメイクでチュニックも作れる!

ワイシャツのリメイクでチュニックも作れる!

さて、ワイシャツのリメイクで作れるのは、小物類だけではありません。

何と、女性の人気ファッションアイテム・チュニックも作ることができるのです!

では早速、ワイシャツを使ったチュニックの、基本形の作り方を紹介していきます。

1.ワイシャツの他に、1cm程度の幅の平ゴムと、好きな色のバイアステープを用意してください。

2.ワイシャツのカフスの部分を切り落としますが、この時、袖の長さは好みの長さにしてください。

3.で切った袖口の部分を、1.5~2cm程度の幅になるように三つ折りして縫い、ゴムの通り道を作ります。

4.で作ったゴムの通り道に平ゴムを通し、その後、袖口にギャザーが寄るように仕上げます。

5.衿の部分を切り落としますが、丸首・Vネック…好みの形に切ってください。

6.で切った衿部分に、バイアステープを縫い付けます。

7.裾部分を、横にまっすぐ切り、切った後、バイアステープを縫い付けたら完成です!

この作り方は、チュニックの基本形なので、余裕があれば、自分好みにアレンジしてみましょう。

例えば、バイアステープを使う箇所に、レースやフリルを縫い付けてもかわいいですよね。

フリルを作る場合、切り落としたワイシャツの余り布を使うと、布が無駄にならずに済みます。

子供用のチュニックにする場合は、アップリケやポケットを付けてもかわいいですね。

又、ボタンがシンプルで味気ない場合は、好きなデザインのボタンに付け替えてもOKです。

基本形さえ作ってしまえば、後はいくらでもアレンジで遊べるのが面白いですよ!

ワイシャツのリメイクのまとめ

古くなったワイシャツは、リメイクで小物や新しい洋服に生まれ変わります。

しかも、お裁縫が苦手でも、簡単に作れるものばかりなのが嬉しいですね。

「もう着ないから」と捨ててしまわずに、日常で使えそうなアイテムに変身させてみませんか?

ちなみに、シミがあったりしても、刺繍やアップリケ・ポケットを付ければ隠れてしまいますよ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする