生活モデルケース別紹介!手取り20万の家計簿の内訳とは?

手取り月20万の人の貯金事情とは? 節約
手取り月20万の人の貯金事情とは?
スポンサーリンク

お給料明細を見て「そろそろ実家を出て一人暮らしできるかな…」と考えている人へ!

もちろん最近ではさまざまな事情で、手取り20万で暮らしている世代のひともいます。

しかし、手取り20万というのは、じつは「一人暮らし」のひとに多く当てはまるケースがほとんどなので、今回はその場合の家計簿内訳や貯金事情にフォーカスを当ててみましょう!

スポンサーリンク

手取り月20万の生活モデルの家計簿はどうなっている?

一人暮らしの生活モデル手取り月20万の場合の家計簿内訳

 

 

家賃  60,000円

食費  30,000円

光熱費 15,000円

通信費 10,000円

保険   5,000円

小遣い 30,000円

 

合計支出 150,000円

貯金    50,000円

 

 

ん?貯金できてる…!?

 

そうなんです。

一人暮らしで手取り月20万でも貯金は出来ます!

むしろしましょう!

 

実家を出て一人暮らしをする場合、よほどのお給料でもなければ一番心配なのは「貯金できるかな」「きちんと生活できるかな」ということ。

 

一般的には手取り月20万ならば、プランニングして生活すれば十分暮らしていけますので、ご心配なく。

 

ただし、一人暮らしではなく家族3人~4人ともなると非常にきつくなりますので、また見直す必要があります。

 

 

一番大事なのは絶対に発生する大きな固定費を最初から抑えること。

 

これは家賃や光熱費にあたります。

 

家賃は手取り額の3割以内がオススメ。

 

となると、手取り20万の場合6万円くらいが妥当となりますね。

 

ここを最初にしっかり押さえておかないと、家賃で首が回らなくなる可能性ありです。

 

もし社宅や寮があるような会社なら迷わず申請することをオススメします!

 

家賃は必ず発生する出費なので、ココを抑えられると後がラクですよ。

 

 

さらに光熱費は単価の安い会社を探したり、一人暮らしの場合なら昼間家にいないので、冷蔵庫など以外はコンセントを抜いておくなどの地道な節約も大事です。

 

また、スマホは格安キャリアに切り替えるのがオススメ。

 

インターネットと携帯でセット割引などもあるので、自分のライフスタイルで選びましょう。

 

あとは、手取り20万の場合「マイカー」は残念ながらオススメできません。

 

自動車は駐車場・保険・車検・ガソリン代などの諸経費がかなりかさむので、どうしても必要なケース以外はカーシェアリングなどにした方が良いでしょうね。

 

プランが多くて迷いがちな保険は、無料相談のファイナンシャルプランナーなどに相談しながら、必要最低限のプランに加入するようにしましょう。

 

家族がいる場合は、出来れば共働きで月に3万円以上を家計に入れられるとだいぶ違います。そうは言っても保育園の空きがないなどの事情もありますので、難しいですよね。

 

家族で暮らす場合も、一番は家賃を抑えることです。

 

駅から遠くても広めで安い物件や、社宅、公団住宅に入るなど工夫しましょう。

 

また、子どもにかかる経費も紙おむつなどの消耗品はともかく、洋服などはフリーマーケットや中古品にするのがオススメ。

 

固定費などの大きな出費を最初から抑えることが暮らしやすくなるポイントです。

 

手取り月20万の人の貯金事情とは?

手取り月20万の人の貯金事情とは?

手取り月20万の人の貯金事情とは?

 

さて、気になる貯金事情ですがこれはキッパリ分かれます。

 

すなわち貯金出来ている人と出来ていない人。

 

何が一番の原因なのかというと、そもそもの考え方の違い。

 

収入から支出を引いた額を貯金しようとする人は、残念ながら貯金が上手くできません。

 

貯金が成功するのは、収入から貯金額を引いた残りのお金でやり繰り出来る人なんです!

 

 

お給料が入ったら、もう最初に貯金してしまいます。

そして残りのお金で賄うことを習慣にすると、確実に貯金できますよ。

 

ですので、貯金は出来ている人と出来ない人とキッパリ分かれてしまうのです。

 

貯金出来ない人は、一度ライフスタイルを見直して固定費を抑えているか、余分な出費や分不相応な買い物がないかを確認してみましょう。

 

手取り20万家計のまとめ

 

手取り20万家計のまとめ

手取り20万家計のまとめ

 

手取り20万は、一人暮らしできるかどうかのボーダーとも言えます。

 

一番の固定費である家賃と光熱費を間違わなければ、十分暮らしていける額なので、きっちりとプランニングしてみましょう。

 

その中でのポイントは、マイカーは持たない・食費は3万円以内・お小遣い3万円以内に抑えるということ。

 

ココで言うお小遣いとは被服費や交際費も含まれています。

 

洋服は使い回しの効くコーディネートで、むやみに飲み会に参加はしないこと。

 

覚悟しておくことは、「実家暮らしのようにはいかない」「親世代のようなぜいたくはできない」という自覚です。

 

高度経済成長期やバブル経済を経験した世代とは違い、現代はお給料がドンドン右肩上がりというワケにはいきませんよね。

 

親たちは成人したらマイカーを購入して、結婚したら住宅ローンを組んで…としてきましたが、今の手取り20万世代はそんな将来プランはちょっと現実的ではないのが事実。

 

実際、手取り20万くらいの人たちは「なんとか貯金している」のが多いので、親と同じように暮らそうとは思わないことです。

 

そして、最初に貯金してから残りのお金でやり繰りすること。

 

こうしておくと、病気などの突発的事態になっても「お金がない!」と焦らずにすみます。

 

じつは、夜間の救急外来などは保険診療やクレジット決済は使えないことがほとんど。

 

つまり、いつでもある程度の「現金」は必要になってしまう可能性があるんです。

 

そのため、最初から取り分けて貯金しておけば「今月残りのお金がない」という最悪の事態は避けられるというワケ。

 

若い人でも場合によっては検査をしたりして、思ったより高い金額になったりしますので、ギリギリの手持ち金にならないようにしたいですね。

 

 

食費もスーパーマーケットのアプリで特売をチェックしたり、外食ではなく自炊するのが基本。

 

 

そして、余裕のある月はその分を貯金に回してしまうのもオススメ。

こうしておくと、いつのまにか思ったよりも貯金できていたりしますよ!

 

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました