古いベッドがオシャレに変身!? すのこの再利用の仕方とは?

子供が使っていたベッドのすのこを再利用
しませんか?

捨ててしまうのはもったいないですよ!

実は、ベッドのすのこは、ちょっと手を加えると、
オシャレに再利用できるのです。

ここでは、もう使わない子供ベッドのすのこを、
オシャレに生まれ変わらせる方法を紹介します。

又、古いベッドを、そのまま押入れの中で再利用
させる方法についてもお話していきます。

スポンサーリンク

古い子供ベッドのすのこをオシャレに再利用する方法

古いベッドがオシャレに変身!? すのこの再利用の仕方とは?

ベッドの すのこを再利用

古い子供ベッドのすのこは、ちょっとしたアイデアで、

オシャレなオブジェとして再利用できます!

そこで、すのこのオシャレな再利用方法を紹介

したいと思います。

★ディスプレイ型の本棚として再利用するというアイデア

まずは、「ディスプレイ型の本棚として使う」

として再利用するというアイデアです。

最初に、ベッドのすのこに、好きな色のペンキで

色を塗ります。

オシャレな感じにしたい時は、白もしくは茶色が

オススメです!

そして、ペンキが乾いたら、そのすのこを壁に

立てかけるようにして置きます。

本棚はこの作業だけで完成なので、とても簡単

ですね。

最後は、作った本棚に、表紙をディスプレイする

ようにして、本を飾りましょう。

絵が素敵な絵本や、海外の雑誌などを

ディスプレイするとカッコイイですよ。

又、ディスプレイする本を、季節ごとに

変えるのも楽しいと思います。

★キッチンのカフェコーナーとして再利用するというアイデア

次に紹介するのは、「キッチンのカフェコーナー

として使う」再利用するというアイデアです。

カフェコーナーを作るには、100均で売っている

フックもいくつか用意しましょう。

まずは、すのこをキッチンの壁のスペースに

合わせたサイズにカットします。

この時、カットした切り目にはやすりをかけ、

表面を滑らかにしておきましょう。

こうすることで、木くずが落ちにくくなるので、

キッチンに置いても、衛生面の心配はなくなります。

又、表面が滑らかになるので、切り目で手をケガして

しまう危険もなくなります。

次に、100均で買ったフックを、すのこにバランス

良く取り付けましょう。

最後に、作ったカフェコーナーを、長めの釘で

キッチンの壁に取り付けて完成です。

すのこで作った木製のカフェコーナーは、

雰囲気たっぷりでオシャレですよ!

隠れ家の喫茶店に来たような気分を、自宅の

キッチンで味わうことができます。

古いベッドを押入れで便利に再利用! その方法とは?

古いベッドを分解し、すのこを再利用するのも、

もちろん良いアイデアです。

その一方で、古いベッドを、分解せずにそのまま

再利用するという方法もあります。

その方法とは、「古いベッドをそのまま押入れに

入れて再利用する」というものです。

ベッドからマットレスを外し、そのまま押入れの

中に入れてしまいましょう。

子供用のベッドであれば、十分に押入れに入れる

ことができますよ。

こうすると、押入れの中に段ができて、物を

キレイに収納しやすくなります。

押入れの中に、物をたくさん押し込むと、中が

ぐちゃぐちゃになってしまいますよね。

でも、古いベッドを押入れの中に入れることで、

中の物を整理しやすくなります。

又、置いたベッドの中にクリアケースを収納すると、

更に押入れの中がスッキリしますよ。

もし、二段ベッドのような、ある程度高さの

あるベッドの場合は、もっと面白い使い方が

できます。

その使い方とは、「子供の隠れ家を作ってあげる」

と言う使い方です。

子供は、押入れでかくれんぼをしたり、押入れの中に

秘密基地を作ったりすることが大好きですね。

古いベッドを使って、押入れの中に「夢の隠れ家」を

作ってあげるのはどうでしょうか。

この場合、隠れ家っぽく、ベッドに布を被せる

ようにして取り付けてもいいですね。

古いベッドを使って、押入れの中を、子供の

遊び場にするというアイデアも面白いですよ!

まとめ

古いベッドのすのこは、捨ててしまわずに、

オシャレなインテリアとして再利用してしまい

ましょう。

特に、ディスプレイ型の本棚は、我が家でも素敵な

インテリアとして重宝しています。

好きな絵本を並べたりして、楽しく再利用していますよ。

又、古いベッドを、そのまま押入れの中に入れて

再利用するという方法もあります。

アイデア次第で楽しい使い方ができるので、ぜひ

遊び心を持ってトライしてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする