砂の捨て方! 砂は燃えるごみ? 自治体によって処分方法が異なる!?

外を掃除していると、たくさんの砂が集まってくることがあり、捨て場に困りますよね。
では、砂は、燃えるゴミとして出してしまっても良いものなのでしょうか。
実は、砂の捨て方は少し複雑なので、捨てる前に確認しておかなければなりません。

ここでは、砂を捨てる際に知っておきたい、捨て方やルールなどについてお話していきます。

スポンサーリンク

砂は燃えるごみ扱いになるの? 砂の捨て方は自治体によって異なるの?

砂の捨て方は、住んでいる地域によってルールが違うので、一概に言うことができません。基本的に砂は、燃やせるものではないので、燃えるゴミとして出すのは問題かもしれません。

でも、「量が少なければ、燃えるゴミとして出してもOK」という地域もありますよ。
ちなみに、「掃除をして塵取り1杯分程度の砂が集まった」というくらいなら、燃えるゴミでも可能な場合が多いです。

私自身も、そのくらいの量の砂を、燃えるゴミとして出してしまったことがありました。
でも、全く問題にはならなかったので、神経質になり過ぎる必要はなかったようです。

但し、自治体によって違うとはいえ、子供用砂場の砂や、プランターの中の砂など、大量の砂はNGの場合が大半です。

砂の捨て方! ゴミの分別ルールは自治体により異なるので事前に確認を

先ほどもお話したように、砂の捨て方のルールは、住んでいる地域によって違います。
そのため、砂を捨てる前には、きちんと事前に確認しておくことをオススメします。

もし地域の清掃車が来る場面に遭遇したら、担当の人に直接聞いてもいいですね。
又、住んでいる地域の自治体のHPを開くと、ゴミ回収のルールについて書かれている場合がほとんどです。

なので、最初は、地域の自治体のHPで確認すると良いと思います。
その記載がなかったり、不明点がある場合は、窓口に電話すれば答えてもらえますよ。

ちなみに、自治体のルールで、砂を一切拐取してもらえないという場合は、どうしたら良いのでしょうか。

この場合は、ゴミの専門業者に連絡を入れ、回収しに来てもらう必要があります。
ただ、先ほどもお話したように、塵取り1杯分程度の砂であれば、ゴミとして出しても大丈夫です。

専門業者に回収してもらうのは、大量の砂を捨てたい場合というケースがほとんどです。

ちなみに、砂を専門業者に回収してもらうのが面倒な場合は、幼稚園や保育園に寄付するという方法もあります。

但し、その場合は必ず先方の了解を取るようにし、勝手に押し付けたりしないようにしましょう。

又、「砂型草なる場所だから」と、砂を瓦や空き地に捨てる人も少なくないようです。
でも、これは不法投棄に当たる可能性もあるので、そのような捨て方は控えてくださいね。

砂の捨て方! 東京のルールは?

砂の捨て方! 東京のルールは?

砂の捨て方! 東京のルールは?

では、東京都の場合、砂の捨て方に関しては、どのようなルールがあるのでしょうか。

東京都の場合は、「砂は可燃ゴミでも不燃ゴミでもない」という扱いにしている地域が大半です。

つまり、「ゴミとして認定していないので、自治体では回収できない」ということですね。

そのため、東京都に住んでいる人が、大量の砂をゴミに出しても、引き取ってもらえないことがほとんどです。

塵取り1杯分くらいなら大目に見てもらえることが多いですが、基本的にはゴミとして出すことができないのですね。

このことから考えると、大量の砂を捨てたい場合は、専門業者に依頼することが正解のようです。

砂の捨て方に関するまとめ

砂の捨て方は、自治体によってルールが違いますが、ゴミとして出すことができないケースがほとんどです。

掃除をした時に集まってきた、塵取り1杯分くらいの砂なら、大目に見てもらえることがあります。

でも、大量の砂に関しては、ゴミとして引き取ってくれない自治体が大半のようです。
この場合、専門業者に回収を依頼するか、幼稚園・保育園に寄付するという形がオススメです。

間違っても、空き地や河原などに、不法に砂を捨てることはしないでくださいね。
不法投棄が見つかると、後で厄介な問題に巻き込まれる場合があります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする