スポーツ観戦に興味ない人の心理は?スポーツに興味がない理由とは?

スポーツ観戦は、興味のある人とない人がはっきりと分かれますよね。
筆者は実を言うとスポーツ観戦に興味がないタイプで、地元のプロ野球チームやサッカーチームの選手の、顔と名前がほぼ一致しない程です。

しかしスポーツが好きな方から見たら、「何でスポーツに興味ないの?こんなに楽しいのに!」と思うのではないでしょうか?

今回は筆者の考えを交えつつ、スポーツに興味がない方の心理やその理由について、詳しくお話ししていますね。

スポンサーリンク

スポーツに興味ないってどんな理由で?興味ないという人の心理は?

では、スポーツに興味がないと理由とその心理について見ていきましょう。

ルールが理解できない

筆者の場合、野球が未だに分かりません。
しかし周りの人にルールを聞くと、「何でそんなことも分からないの?」という態度をされるのがとっても嫌です。

ルールが理解できない以上何をやっているのか分からず、それ故にスポーツへの興味が薄れていっているのではないでしょうか。

体育の時間がトラウマ

特にバレーボールやバスケットボールの試合を見ると、学生時代のトラウマが蘇ります。
ボールが取れなかったりチームの足を引っ張ってしまい、チームメンバーに睨まれたり陰口を言われた事を鮮明に思い出してしまうのです。

スポーツやスポーツ観戦に興味がないという方は、もしかしたらスポーツに嫌な思い出がある可能性があります。

スポーツより好きなものがある

スポーツよりも、インドアで楽しめる趣味や楽しみが多いという方は、スポーツに興味がないのではと思います。

筆者も家でゆっくりゲームをしたり本を読んだりするのが好きで、スポーツには興味を持てないです。

ワールドカップやオリンピックを、必ず見なくてはいけないと言う風潮

ワールドカップやオリンピックの時期は、周りがその話題で持ちきりになりますよね。
「見てないよ」と言うと、「見てないの?普通は見るよ!」と言われてしまった経験が、スポーツに興味がない方はあると思います。

その風潮に嫌気がさし、ますますスポーツへの興味をなくしていくのです。

とにかくスポーツに興味がない人間からすると、「放っておいてほしい」の一言に尽きます。

意外かも!?スポーツに興味がない人は共通する特徴と傾向があった!?

スポーツに興味がない人は共通する特徴と傾向があった!?

スポーツに興味がない人は共通する特徴と傾向があった!?

スポーツに興味のない人は、

他人に興味がない
人付き合いが好きではない
人の失敗を見ると辛くなる

といった傾向があると言われています。

なぜかと言うと、スポーツをするには多かれ少なかれ人と関わりを持たなくてはいけません。
自分でスポーツをしなくても、スポーツ観戦は人と人の関わり合いを観なくてはいけませんよね。

そのような人との関わりや関わりを見ることに興味がなく、人によっては苦痛や嫌悪を感じます。

また、人の失敗を見ると辛くなる人もスポーツに興味を持ちづらいです。

スポーツは常に素晴らしいプレーだけではなく、ここぞという場面で失敗したりすることがありますよね。
そんな時、スポーツ選手が失敗している姿を見ていたたまれなくなってしまいませんか?

筆者はこの傾向が特に強く、スポーツニュースで失敗している選手たちを見ると、胸がキュッとします。

また、スポーツに興味がない人には、勝ち負けにこだわらないと言う特徴があるとも言われています。

他人と争うより自分のスキルを上げたり、自分の世界を広げることの方が重要だと考えているのです。
スポーツは勝ち負けを争いますが、その勝ち負けにこだわる姿勢がよく分からないという訳ですね。

スポーツに興味ないがない理由や心理のまとめ

スポーツに興味ないがない理由や心理のまとめ

スポーツに興味ないがない理由や心理のまとめ

スポーツに興味がないのは、

ルールが理解できない
体育の時間がトラウマ
スポーツより好きなものがある
国際的なスポーツ行事を見ないことを批判された経験がある

などの理由によると考えられます。

筆者はスポーツが好きと言って楽しめる人を、羨ましいと思います。
共通の話題で楽しげに盛り上がる姿は、とっても眩しく映ります。

しかしスポーツに興味がないことを、恥ずかしがる必要もないと思っています。
「いつか興味が持てるかも」くらいの軽い気持ちでいればいいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする