車の運転が下手な人には共通の特徴があった!?運転が上手くなるコツ

誰もが簡単にやっているように見える車の運転。
ちょっとした買い物にも便利なのはわかっているけど、いざ乗ろうとすると尻込みしてしまう…

思い切って運転してみても、恐怖と緊張でぐったり。肩も腰もガチガチで、もう二度と乗りたくない!

そんな運転が下手なあなたに、普通のドライバーになるための傾向と対策をお届けします。

スポンサーリンク

車の運転が下手な人の特徴

手始めに、運転が苦手な原因から探っていきましょう。運転が下手な人には共通の特徴があります。

ここでは、たくさんの要因の中から、代表的な5つを挙げてみました。

1、緊張しすぎてしまう

まずは性格の問題です。

運転しようとするといろいろなことを考える人。

「事故ったらどうしよう」

「まわりの車にあおられたらどうしよう」

「駐車場に入れられなかったらどうしよう」

疲れます。これでは当然緊張します。緊張しすぎると運転も固くなりますよね。

全てを克服していざスタートしても、今度はほかの車との関係が気になってしまう。

「このスピードで正しいのか?」

「まわりの流れに合っているのか?」

これでは楽しくありません。運転が苦痛になるのも当然です。

2、車幅感覚が分からない

車は大きいですね。

運転の上手い人はその大きさを把握しています。大きな箱の中で運転していても、その箱の端っこがどの位置にあるかちゃんとわかっているのです。

一方下手な人はどうでしょう?

車幅感覚がないばかりに、危ない目に合ってませんか?

センターラインに寄りすぎてぶつかりそうになったり、右にふくらんでから左折したり…

自分だって怖いけど、そばを通る他の車はもっと怖い。

「クラクションを鳴らされて、運転がイヤになった。」

悪循環ですね。

3、合図が遅い

下手な人の特徴として、予測の甘さがあります。

目的地に向かうにはこの先で左折する必要がある。どこかで車線変更をしなければならないが、どこですれば、一番スムーズなのか?

上手い人はそうやって常に予測をしています。

あなたはどうですか?左折する直前にいきなり車線変更してませんか?

あせってまわりを見ずに行動したら、ケガをします。車の場合は命も落とします。

ウインカーは機械ですから、人間が適切な場所で使わないと意味を成しません。

4、操作が雑

?おおっ

車の運転に重要なパーツを挙げてください。ハンドル、ブレーキ、アクセル。

他にもたくさんありますが、この三つを適切に操作すれば、車はスムーズに動いてくれます。

下手な人の運転の最大の特徴は、同乗者が安心できないこと。急発進、急ブレーキで同乗者の首が前後に振られ、フロントガラスに衝突するところだった…

もう二度とあなたの車には乗ってくれません。

ハンドルさばきもそう。

常に微妙な修正が出来るかどうかが、評価の分かれ目です。危なくなって急にハンドルを切るのは大変な迷惑になります。

5、車間距離が中途半端

 車間距離とは、安全を守るために必要なスペースのこと。前の車が急にブレーキを踏んでも、安全を保てる距離。

周囲の状況に合わせようとして、前の車に接近しすぎるドライバーがいます。逆に、車間距離を意識して不必要に離れすぎる人も。

どちらもスムーズな運転とは言えません。危険だったり、他のドライバーの迷惑になったり、運転が下手と言われる要因になります。

車の運転が下手な人が克服する方法とは?

 

車の運転が下手な人が克服する方法とは?

車の運転が下手な人が克服する方法とは?

運転が下手な理由、理解していただけましたか?

それでは早速、どうすれば克服できるか考えましょう。下手な人の5つの特徴に応じて、対処策を伝授します。

1、周りのことを考えすぎない

緊張しすぎて疲れてしまう。それは、下手なことを隠そうとするからです。

あなたは運転が苦手で、運転経験もそれほど多くない。ならば、下手なのは当たり前です

いっそ、初心者だと割り切ってください。

道路にはトラックの運転手などのプロもいます。

まわりの流れに乗って…って、それは結構難しいこと。

海千山千の運転手さんたちが法定速度を守っていますか?

スムーズな車の流れは大体法定速度を超えています。

最初から違和感なく流れに乗れるなら、この記事を読む必要はありません。

そうでないあなた、流れに乗れないなら法定速度で堂々と走りましょう。

少しはあおられるかもしれません。しかし、慣れないスピードで無理をするよりはマシ。

慣れてくればちょうどいいスピードが自然にわかります。

それまでは、初心者マークでも貼ってマイペースで走りましょう。

2、キープレフトを意識する

 

車幅感覚が分からず、ついセンター寄りに走ってしまう。

道路はもともとキープレフトで走るように設計されています。ハンドルから遠い左はぶつかりそうで不安ですが、大丈夫。運転席が車線の真ん中に来るくらいが安全なポジションです。

車幅感覚は経験で養うもの。

もし、これは左にぶつけそうと感じたら、一度車を降りて確認してみて下さい。

案外余裕があって、感覚のズレを体感できるはず。

左折の場合も右にふくらむ必要はなく、普通にハンドルを切ればちゃんと曲がれます。

他の車の曲がる様子をみて、自分の運転を振り返りましょう。

結局は運転もトライ&エラーで体得するもの。歩行者や対向車に気をつけて、スピードを出しすぎなければ、そうそう事故を起こすこともありません。

車と道路の特徴を理解して、車幅感覚を身につけましょう。

3、早めに準備する

今はカーナビという強い味方がいて、どこへ行くのも適切に指示をしてくれます。

でも、運転が上手くなりたいなら自分で考えることが大事。

特に慣れないうちは、あわてないように事前準備を徹底。目的地に行くまでのルートを確認し、どんなふうに運転するかシュミレーションしてみましょう。

そうやって準備するのは、自分のためだけではありません。

そもそも上手な運転とは、他人にストレスを与えない運転。合図が遅れたり、急に車線を変更するのは、いくら下手な人でも結局迷惑行為です。

周囲を気にせずマイペースでと言いましたが、それはあくまで交通道徳の範囲内です。

ウインカーを早めに出すことは、努力次第で可能なこと。

その努力が運転下手の克服につながります。

4、とにかく数をこなす

ブレーキやアクセル、ハンドルの操作は、やはり練習の数だけ上達するもの。

よほど天才でなければ条件は同じです。

とにかく数をこなして感じをつかんでください。

普段は歩いて行ってしまうところも、意識して車で行って見る。健康的ではないですが、上達には役立ちます。

一つだけ言うなら、ウインカーのタイミングと同じく、操作も同乗者など他人の気持ちを考えることでレベルが上がります。

どうしたら静かに、乗り心地よく運転できるか?そこに思いがいたれば、運転下手も卒業ですね。

5、安全な車間距離をキープ

最後に車間距離ですが、まずは安全を第一に考えましょう。とすれば、近すぎるよりは遠い方がまだいいですよね。

他の車に割り込まれても、気にしないでください。自分が安心できる距離をしっかりキープしましょう。これも経験を積むうちにきっとちょうどいい距離がわかります。

車の運転が下手な人の特徴と対策のまとめ

車の運転が下手な人の特徴と対策のまとめ

車の運転が下手な人の特徴と対策のまとめ

車の運転。誰でもできるのにどうして私は…

自分も運転が苦手だったので、その気持ちよーくわかります。

運転が下手な人の特徴は、一言でいうと「余裕のなさ」技術も経験もないので自己中心にならざるを得ず、他の車や同乗者に迷惑をかけてしまう。

一歩踏み出して克服するには自分は自分という割り切りも必要です。

でも、少し気が楽になったら、相手を思いやる気持ちを大事にしてください。

昔からいい言葉があります。

「運転はゆずり合い」本当にそうですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする