和歌山県立自然博物館の口コミ!駐車場や食事場所・周辺情報も公開!

和歌山県立自然博物館に行ってきました。

4歳の息子 1歳の娘 子供の祖母と4人で行ったのですが、それほど混むこともなくこじんまりしているので、小さい子供や老人と楽しむにはちょうど良い感じだと思います。

そんな和歌山県立自然博物館を楽しむための情報や駐車場、周辺スポット、食事場所などをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

和歌山県立自然博物館を選んだ理由。

4歳の息子が水族館が好きなことが和歌山県立自然博物館一番の理由です。

実家の家から、30分以内で行ける立地にあり子供が愚図らないのも選んだポイントです。それとすごく大きいわけではなくこじんまりした感じの水族館なのでのんびり回れるて、入場料が安いことも選んだポイントです。

和歌山県立自然博物館に行って特に良かった点は?

和歌山県立自然博物館に行って特に良かった点は?

和歌山県立自然博物館に行って特に良かった点は?

実家に帰った時は、何度か子供達を連れて行っているのですが、いつも混んでいる感じはなくて、本当にのんびり回れます。

規模が小さいので、2、3周回れるのも良いです。水槽の魚いがいにも剥製もあり、小さい水族館ながら楽しめます。

和歌山県立自然博物館の注意点は?

駐車場はあるのですが、夏休みなど子供の休みの時は、いがいと満車とまではいかないまでも多かったです。車は多いけど、水族館の中はそんなに多くなかったです。水族館の中が割と暗いので暗いのが苦手だと子供が泣いてしまうかもしれないです。

和歌山県立自然博物館を体験した感想

和歌山県立自然博物館を体験した感想

和歌山県立自然博物館を体験した感想

夏はカブトムシなどの昆虫も展示していたりして4歳の息子はとても楽しそうでした。

大きな水槽の魚いがいにも、魚の剥製や、クラゲなどの小さい水槽。

ヒトデなどがいて触って体験できるゾーンなどもあって面白いです。魚いがいにも、和歌山の森の動物や鳥などを紹介しているコーナーもあり大人も楽しめました。

鳥の剥製が引き出しの中に入っているのですが、あけるまで見えないので開けると子供たちはビックリしてます。そういうやりとりも面白いです。

貝などの標本もあり、まだ小さい子供達なので、勉強という感じにはならないですが、小学生くらいになって興味を持ち出すと、とても勉強になるだろうなと思いました。子供たちにはちょうどいいサイズの水族館で悪い表現になるかもしれないですが、時間を潰せる感じです。

和歌山県立自然博物館の飲食店・屋台の情報(満足度・店舗数・高い/安い・種類・おすすめなど)

和歌山県立自然博物館内には飲食店はないです。ですが、わりと和歌山でも市内に近い場所にあって、大通りを少し入った場所にあるので、食べれるところはすぐに見つかります。

博物館出てすぐにも、中華料理店があります。和歌山市内に数分で入るので大通り沿いは飲食店は多いと思います。

大通り沿いを15分くらい車で行ったところに、桜珈琲というカフェがあって、そちらのあんぱんが有名でとても美味しいです。

モーニングが、お昼の14時までやっていているのが嬉しいところです。パン好きな子供達にはとてもいいです。パンがとても美味しくて、子供もペロリで、コーヒーも飲めるし最高です。ただ個室はないので、子供達が騒ぎ出す前に食べたら帰る感じです。

和歌山県立自然博物館駐車場の有無・混み具合・利便性(入口まで遠いなど)は?

専用の駐車場はあります。だいたい空いていますが、夏休みなどの子供達の休みの日は満車まではいかないですがわりと多いです。博物館までは、車の通る道を通りますが、ほとんど車の通りはなくて、駐車場から1分ほどです。

和歌山県立自然博物館周辺のおススメの食事場所や名物は?

近くにマリーナシティと黒潮市場があり、観光ならそちらがいいと思います。黒潮市場では、マグロの解体ショーなどもやっていて、新鮮なお刺身を食べられるし、バーベキューも出来ます。

他にも和食屋さんやバイキングのお店も入っていたり、和歌山のお土産なども購入出来ます。ちなみに和歌山の名物は梅干しや醤油などです。

和歌山県立自然博物館を楽しむためのまとめ

子供を連れて行くにはベストな場所だと思います。リーズナブルなお値段で入れるし、ちょっと寄って行こうと思ってやれる場所なのでとてもいいと思います。

和歌山の生き物などを前面に押していると思うので、それもいいなと思うところです。夏場は博物館の横に屋外プールがあり、そちらでも遊べると思います。そのせいかわからないですが、駐車場の車が多めです。大人も剥製など色々あり楽しめるし、小学生くらいになっても連れて行ってあげたいなと思うのでおススメです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする