落とし蓋の代用にアルミホイル以外なら?家にあるもので簡単に代用!

日々家事に子育てに奮闘している主婦の皆さん!
毎日、本当にお疲れ様です(^^)/

今回は料理でよく使う定番でもある、落とし蓋の代用に使えるものについての情報をお届けしていきます!

落とし蓋とは食材に直接かぶせて使う蓋の使い方で煮物などではよく使われていますね。

その際、蓋の代わりとしてアルミホイルを使うことが一般的ですが、今日はアルミホイル以外で落とし蓋をするならなにが使える??

といった内容に触れていきたいと思います。

アルミホイルは料理の時の使い勝手が抜群なため案外消費が早いです・・

いざ使おうと思った時に「切らしている!」なんてことはありますよね(^^;)

そこで、アルミホイル以外に落し蓋の代用として使える代用品と、代用品のメリットや注意点を詳しくお伝えします。

料理の途中や今から料理!といった時にわざわざ買いに行くのはとても面倒だと思いますので今回の情報を是非使ってみてください♪

スポンサーリンク

落とし蓋の代用はキッチンペーパー?!アルミホイル以外なら迷わずコレ

落とし蓋の代用にアルミホイル以外なら?家にあるもので簡単に代用!

落とし蓋の代用にアルミホイル以外なら?

アルミホイルがないときの落し蓋の代用は、迷わず「キッチンペーパー」を使ってください!!

インターネットや料理の本でも色々な代用品が紹介されておりますが、圧倒的に多いのがキッチンペーパーです。

細かい使用方法は色々なところに画像つきで紹介されていますのでここではキッチンペーパーを使った時のメリットと注意点を書いていきます。

最初のメリットは大きさが自由なことです。

鍋といっても様々な大きさがありますので、それぞれの大きさにあったものを準備しておくのは面倒ですよね・・

その点キッチンペーパーは折り曲げたり切ったりして好きな大きさに合わせることができます♪

この点はアルミホイルでも同じことが言えますね(^^)/

次にアルミホイルとの大きな違いは余分な油等を吸収してくれることです。

油以外には上がっていた「アク」なんかも吸収してくれます♪

アクには旨みを含んでいることもありますが基本的には雑味が多いです・・

これを吸収してくれることにより、こまめにアク取りをすることなく素材本来の味を引き立ててくれます。

使い終わったらそのまま燃えるゴミとして処分できるところも良いところですね。

次に注意点ですが、

使用するキッチンペーパーの素材」はしっかり確認してください!

大きく分けると

パルプ(ティッシュペーパーのような素材)でできているものと

不織布(手触りがツルツルした感じの素材)の二種類があります。

パルプのものは水分を含むと破れやすくなるため、落とし蓋には不向きです。

使用する際は素材の確認を忘れないでくださいね。

落とし蓋がなくても大丈夫!落とし蓋の代用には軽めのお皿が使える!

落とし蓋がなくても大丈夫!落とし蓋の代用には軽めのお皿が使える!

落とし蓋落とし蓋の代用には軽めのお皿!

次にお皿を使った方法をお伝えします。

あまり無い場面かもしれませんが、

「しまった!アルミホイルもキッチンペーパーもない!」

こうなってしまったらこの方法しかありません!笑

軽めのお皿を落とし蓋に使ってください。

大きさについては鍋より一回り小さいものを選んでください。

お皿の素材は何でもOKです!!

お皿が大きくすぎるとそもそも鍋に入りませんし、小さすぎたらそもそも落とし蓋の意味がなくなりますので食材を入れる前に鍋と合わせてみてください。

シリコン素材のものなら問題ありませんが、ガラスや金属製のものを選ぶときは、食材や鍋の熱が落とし蓋にも伝わって熱くなっていますので外す時のやけどに注意しましょう!!

まとめ

いかがでしたか?

今回は落とし蓋のお話でしたが、

料理をする時にあれがない、これがないなんてことはよくあります。

そんな時に代用アイデアをたくさん持っていると手間と出費が減っていいですね♪

せっかくの料理ですので、楽しくストレスなくやってくださいね(^^)/

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする