お菓子の工場見学がしたい! 東海地方で人気のあるお菓子工場はどこ?

お菓子の工場見学は、子供も大人も、思わずワクワクしてしまいますよね。
親子でお菓子の工場見学に行けば、きっと子供と楽しい会話で盛り上がりそうです。
ここでは、東海地方にある、見学可能な人気のお菓子工場を紹介します。

子供と一緒に楽しくお菓子工場見学をして、大人のあなたも子供の頃を思い出してみませんか?

スポンサーリンク

工場見学に子どもと行きたい! 東海地方にある人気のお菓子工場は?

最初に紹介したい、人気のお菓子工場は、静岡県にある「うなぎパイファクトリー」です。

(http://www.unagipai-factory.jp/)

うなぎパイは静岡土産の定番で、子供たちにも人気の高いお菓子の1つです。

そんなうなぎパイができるまでの様子を、無料で見学できるのが、うなぎパイファクトリーです。

その他、うなぎパイカフェや、釜出し焼きたてうなぎパイの販売など、魅力的なものがたくさんあります。

うなぎパイカフェでは、うなぎパイを使った個性派スイーツが多数あります。

うなぎパイとスイーツは、一見合わなさそうですが、実はチョコレートやクリームに合うのですよ!

1度食べたら病みつきになるおいしさなので、ぜひうなぎパイスイーツを味わってみてください。

次に紹介したい、人気のお菓子工場は、「モンテール美濃加茂工場」です。

(https://www.monteur.co.jp/)

エクレア

エクレア

モンテールは、デザート系スイーツが有名なメーカーで、エクレアやシュークリームなどが有名です。

大人も子供も、1度はモンテールのスイーツをおやつに食べたことがあるのではないでしょうか。

工場内は、ゆるキャラがたくさん登場する、子供向けのかわいい空間になっています。

かわいいゆるキャラとの写真撮影スポットもあるので、インスタ映えもバッチリですよ!

お菓子ができるまでを見学したら、おいしいスイーツ類を楽しく試食しましょう。

モンテールのお菓子は、クリームやチョコレートたっぷりのお菓子なので、食べ応え満点です。

次に紹介したい、人気のお菓子工場は、愛知県にある「えびせんべいの里・美浜本店」です。

(http://www.ebisato.co.jp/shop/mihama.html)

えびせんべいと言うと、ちょっと渋いお菓子なので、一見すると、子供向けではなさそうです。

ところが、えびせんべいの里・美浜本店には、えびせんべい作り体験コーナーがあります。

この体験コーナーが子供に大人気で、親子でこの工場を訪れている人がたくさんいるようです。

飲み物類も無料で自由に飲めるので、子供たちが退屈してしまう心配もありません。

もしかしたら、この工場見学をきっかけに、子供がおせんべいに興味を持つかもしれません。

明治なるほどファクトリー東海がおすすめ! 楽しく学んでお土産も!?

さて、数ある東海地方のお菓子工場の中でも、もっとも有名な工場は「明治なるほどファクトリー」です。

(https://www.meiji.co.jp/learned/factory/toukai/)

この工場は、有名なお菓子を数多く生産している、明治製菓の大きな工場です。

ここの工場見学は、お菓子ができるまでの様子をただ見るだけの見学ではありません。

お菓子を作る前の衛生チェックを体験したり、お菓子に含まれる原材料の栄養の話を聞いたりすることができます。

そのため、「お菓子を生産する」ということに関して、幅広く学ぶことができる工場です。

色々な角度からお菓子生産を知ることができるので、子供の自由研究にもピッタリです。

工場内は、様々なキャラクターが登場するので、遊園地のような雰囲気です。

「見学」というとお勉強的ですが、これなら楽しく学ぶことができそうですよね。

そして、工場見学の最後の楽しみは、何と言ってもお菓子のお土産です。

最後に必ずお菓子のお土産があるのですが、このお土産は、季節によって変わります。

なので、何がもらえるかは、見学に行く時期によって違うので、これもお楽しみですね。

身近なおやつとして食べている明治製菓のお菓子を、色々な角度から知ることができます。きっと、子供だけでなく、大人にとっても、新しい発見の1日になると思いますよ。

東海地方のお菓子工場見学のまとめ

東海地方には、見学可能なお菓子工場が、思った以上にたくさんあります。

楽しい体験やお土産なども付いているので、ワクワクしながらお菓子生産を知ることができますね。

どの工場も、魅力的な工夫いっぱいの見学ツアーを実施しています。

ぜひ、親子で出かけて、お菓子のことで1日盛り上がる休日を過ごすのはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする