入園式のスリッパ!目立たないなら100均のスリッパでもいい?

「入園式のスリッパ!目立たないなら100均のスリッパでいい?」

お子さんが保育園や幼稚園の入園式には、スリッパを用意しなくてはいけませんよね。
人がいっぱいいるし足元なんて見られてないと、100均のスリッパで済ませようと思っている方は多いのではないでしょうか?

100均のスリッパは、入園式に履いていくのにはあまりふさわしくありません。
できれば事前に、丈夫で綺麗めのスリッパを用意するのが好ましいと思います。

今回は入園式ではくスリッパの選び方や注意点について、解説していきますね!

スポンサーリンク

足元のスリッパは見られている?!100均の折りたたみスリッパを履く?

「オシャレは足元から」なんて言いますが、実は足元はけっこう見られているもの。
冒頭でもお話ししましたが、フォーマルな服装なのに足元は100均の折りたたみスリッパですと、格好がつかないですよね。

子供を見ているから足元なんて見ないという意見もあると思いますが、筆者の意見は違います。

いくら子供を見ているからといって、人の足元はふとした瞬間に目に入ります。
足元がみすぼらしいと、全体的にみすぼらしく感じてしまうと思うのです。

また、100均の折りたたみスリッパですと、底が薄くペラペラなものが多いですよね。
スリッパの底が薄いものですと、足元も歩きにくいし脱げやすいというデメリットがあります。

以上のことから、100均のスリッパはオススメできないと言えます。

それを踏まえて次項では、オススメのスリッパの形をご紹介していきますね。

入園式用のスリッパはヒールの物を!スリッパは今後の行事にも必要!?

入園式用のスリッパはヒールの物を!スリッパは今後の行事にも必要!?

入園式用のスリッパはヒールの物を!

入園式のスリッパを選ぶ時は、ブラックやグレーなどの落ち着いた色を選ぶのが鉄則です。
大きなかざりがついたスリッパや明るい色のスリッパを履くと、周囲から浮いてしまう可能性があるのでできれば控えた方がいいでしょう。

入園式や卒園式などの行事には、ヒールあるスリッパを選ぶのがオススメです。
ヒールは2cm〜4cm程の物を選ぶといいでしょう。

ヒールのあるスリッパを履くことの利点は、何よりスタイルが良く見える事です。
やはり我が子の晴れ舞台ですし、綺麗なママでいたいですよね。

更に、足元が冷えるのを防いでくれるという利点もあります。

入園式はスカートにストッキングを着用していく方がほとんどだと思いますが、式の間じっと座っていると冷気が下から上がってきて足先や足の裏が冷えるのです。

ヒールのスリッパですと床との距離が離れているので冷気を感じにくく、冷え性の方はヒールのスリッパを選ぶようにしてみてはいかがでしょうか?

気になる価格帯としては1,500〜2,500円あたりのものが多いです。
スリッパとしては若干高いかもしれませんが素敵なデザインが多く、足元をエレガントに見せてくれます。

ただ、ヒールのスリッパだと折りたためないのが難点です。
大きめのバッグを用意するか、可愛いサブバッグを用意して持ち運ぶようにしましょう。

また、ヒールが苦手だったり小さなお子さんがいて動きやすさ重視であれば、バレエシューズタイプのスリッパもオススメです。

バレエシューズタイプはかかともしっかり包んでくれるため、階段を上ったり走ったりするのも楽々です。

価格帯は2,000円前後のものが多いです。
バレエシューズタイプのスリッパは折りたためるものも多数あり、嵩張らないのも嬉しいポイントですよね。

スリッパは入園式や卒園式だけではなく、保護者会・発表会・参観日・PTAなど、幼稚園や保育園、学校に通う機会は数多く訪れます。

これを機に、長く使えるスリッパを選びましょう!

入園式のスリッパ選びのまとめ

入園式のスリッパ選びのまとめ

入園式のスリッパ選びのまとめ

100均の折りたたみスリッパは、入園式のスリッパとしてあまり相応しくありません。
足元は結構みられるものですし、何より歩きづらい為です。

入園式を機に、ヒールタイプやバレエシューズタイプといった、しっかりしたスリッパを選んでみることをオススメします。

筆者はスリッパが苦手で、スリッパを履くとつまづいたり階段の登り下りがゆっくりになってしまいます。

筆者が選ぶならば動きやすいバレエシューズタイプのスリッパですが、ヒールタイプもオシャレで素敵だと思います。

入園式の後は行事が目白押しで、スリッパの出番が多くなります。
自分の足に合った、素敵なスリッパを探してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする