目元のクマを解消したい! 簡単に目元のクマを改善する方法3選

目元にクマがあると、どうしても顔全体が老けて
見えてしまいますよね…。

又、表情が暗くなり、疲れたような雰囲気になって
しまいます。

では、目元のクマは、どのように改善したら
良いのでしょうか。

そして、なかなか改善できないクマは、どの
ように隠したら良いのでしょうか。

ここでは、厄介な目元のクマの対処法について
お話していきます。

スポンサーリンク

目元のクマを解消する簡単な改善方法3選

目元のクマを解消する簡単な改善方法3選

目元のクマ

目元のクマは、大きく分けて「黒・茶・青」の

3種類あります。

これら3種類のクマは、性質が全く違うので、

改善方法もそれぞれ違います。

黒いクマの原因と対処法

黒いクマは、加齢などで肌にたるみができて

しまい、これが黒く見えてしまうというものです。

この場合は、肌にできる「影」が原因なので、

影がなくなるようにする必要があります。

そのためには、肌にハリを取り戻すことが

ポイントになります。

黒いクマの改善のためには、アンチエイジング

効果の高い化粧品を使いましょう。

又、生活習慣も改善し、栄養バランスの良い食事を

心掛け、老化を防止しましょう。

茶色のクマの原因と対処法

茶色いクマは、目の下にできたシミが大きくなり、

シミがつながった形になっているものです。

そのため、茶色いクマの場合は、シミ対策を

メインに行ってください。

外出する時は、紫外線対策を万全にし、日焼け

止めは忘れずに塗ってください。

そして、もし日焼けしてしまった場合は、帰宅後、

早い段階で保湿してください。

又、日頃からビタミンCを多くとるようにし、シミが

できにくいように、体の内側を整えましょう。

更に、茶色いクマは、肌をこすったりして、刺激

することでも悪化します。

なので、洗顔やクレンジングは優しく行い、こすり

過ぎないようにしてくださいね。

青いクマの原因と対処法

青いクマは、目の周りの肌内部の血行不良が原因で

発生するクマです。

目の周りの血行不良は、主に、睡眠不足や眼精疲労が

原因だと言われています。

そのため、まずは夜更かしをやめ、質の良い睡眠を

取る生活に切り替えてください。

そして、PCやスマホの見過ぎも眼精疲労に繋がる

ので、それらに触れる時間を短縮しましょう。

又、目が疲れたと感じたら、温めたタオルを目の上に

乗せると、疲労回復効果が期待できます。

なので、これを定期的に行うことで、青いクマの

対策にも繋がります。

目元のクマの隠し方2選

目元のクマの隠し方2選

青くま・黒くま・茶くま

さて、クマ改善の努力をしても、クマを完全に

消すには時間がかかりますよね。

こんな場合は、クマを隠す工夫も必要になって

きます。

そこで、目元のクマを隠し方を2つ紹介

したいと思います。

1.コンシーラーを使う

1つめは、「コンシーラーを使う」という王道の

方法です。

ところが、コンシーラーはどれを使っても良い

というわけではありません。

黒いクマには、ベージュ系かオークル系の

コンシーラーを使いましょう。

茶色いクマにはイエロー系、青いクマには

オレンジ系のコンシーラーを使います。

もしどれが向いているかわからなければ、お店の

人にお願いして、見てもらってもいいですね。

又、「コンシーラーを使うとメイクが濃く見えてイヤ」

という人は、代用品を使いましょう。

カバー力の高いクリーム系のファンデーションを、コンシーラー代わりに使ってみてください。

適度にツヤが出るので、塗った部分がくすんで見えず、キレイに仕上がりますよ。

2.チークの塗り方を工夫してクマを隠す

2つめは、「チークの塗り方を工夫してクマを隠す」

という方法です。

チークは通常、頬骨の周りに塗るのが一般的ですよね。

でも、クマを隠すために、チークを塗る範囲を、

あえて目元ギリギリまで広げてみましょう。

こうすることで、コンシーラーよりも、自然にクマを

隠すことができるようになります。

ちなみに、この場合は、パウダーチークよりも、

クリームチークを使うことをオススメします。

パウダーチークよりもクリームチークの方が発色が

良く、落ちにくいからです。

まとめ

目元にできたクマは、クマの色によって改善方法が

違います。

間違った方法を続けても、クマを解消できないので、

まずは自分のクマの色を把握しましょう。

又、クマを隠すには、コンシーラーやチークを

使うと、上手に隠すことができます。

メイクの仕方をひと工夫すれば、自然にクマを隠す

ことができるので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする