最新情報!富士河口湖の紅葉まつり2018は車で行っても大丈夫?

富士河口湖は山梨県側の富士山麓に位置する
湖の富士五湖の中の一つです。

紅葉の絶景スポットとしても有名ですよね。

紅葉の季節になると多くの観光客が押し寄せる
場所でもあります。

デートで行く方や友達とドライブがてら行って
みようという人も多いのではないでしょうか。

そんな方の為に富士河口湖の紅葉まつり2018
についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

富士河口湖の紅葉まつりへの交通アクセス!駐車場は利用できる?

富士河口湖の紅葉まつりへの交通アクセス!駐車場は利用できる?

富士河口湖の紅葉まつり2018

2018年の富士河口湖紅葉祭りは11月1日
〜11月23日まで期間中は毎日開催されて
います。

毎日の開催時間は午前9時〜午後7時までですが、
日没ごろから午後10時まで紅葉はライトアップ
されています。

開催場所は河口湖畔河口梨川周辺となって
おり、河口湖北岸で開催されます。

車で行く場合は中央高速河口湖ICから
約10分ほどの場所にあります。

車で来た方の為に祭り期間中の臨時駐車場
用意されています。

河口湖猿回し劇場裏に無料の臨時駐車場が
あります。

こちらは紅葉祭り中のみの臨時駐車場に
なります。

ただし!車で行く際は大変混雑しますので
混雑は覚悟していかれることをおススメ
します。

一番混雑すると言われている時間がお昼前
くらいの時間から午後3時頃までの時間。

その時間帯は河口湖紅葉祭りの会場辺りは
長蛇の列になるほど車が渋滞します。

特に天気がいい日はいつも以上に混雑します。

渋滞にはまってしまって身動きがとれ
なくなってしまうこともあります。

万が一渋滞にハマってしまっても富士山や
紅葉の景色を車の中からも堪能できるので
ゆっくりドライブ気分で向かわれても
いいかもしれません。

でもトイレに行きたくなったりしたときは
やはり困ります。

早めの時間を狙って到着出来るように行くか、
夕方頃を狙って行くかの混雑しやすい時間を
なるべく避けて行くことをおススメします。

もみじ回廊付近では飲食ができる屋台などの
出店やクラフトショップなどもあります。

美術館などもあり紅葉以外にも楽しめる
ところがいくつかあります。

また、河口湖には漫談で有名な綾小路
きみまろさんが富士河口湖に寄贈した黄金の
七福神像があります。

全ての七福神安置場所にはスタンプが置いて
あります。

河口湖ハーブ館などの観光施設や案内所で
御朱印色紙を買って全スタンプを集めてみる
“七福神参り”ができます。

保守や管理をしている七福神保存会では
七福神のお守りなどのグッズも販売しています。

スタンプを集める方はこちらもチェックして
みてください。

七福神像を全部廻るのには徒歩で2時間程
かかりますが、紅葉を堪能しながら七福神
参りをしてみるのもいいですね。

紅葉祭り会場までは車で行って周辺を
時間をかけて散策してみてはいかがで
しょうか。

富士河口湖の紅葉祭りと一緒に見ておきたい!もみじトンネルとは!?

富士河口湖紅葉祭り2018もみじトンネル

紅葉まつりと併せて人気なのが“もみじトンネル”。

道路沿いにきれいに色づいた紅葉が並び
トンネルのようになっています。

紅葉の色づきのピーク時はもちろんですが、
ピーク時前後も観光客やカメラマンなど
多くの人で賑わいます。

紅葉トンネルは紅葉祭りのメイン会場から
少し離れており、車で12〜15分程の
ところにあります。

もみじトンネル周辺は20台ほどしか
停められない無料駐車場しかなので特に
混雑します。

でも、その混雑する理由が分かるほど
こちらのもみじトンネルは絶景です。

特に日没頃の時間帯に見れる夕日を
浴びた紅葉はとても絶景でなんとも
言えない程です。

もみじトンネルはライトアップなどは
されませんが、この夕日を浴びた紅葉を
見に夕方を狙って見に行くのはおススメです。

紅葉まつり会場だけではなく、少し足を
のばしてもみじトンネルも是非行ってみて
くださいね。

まとめ

秋になってくると色んな所で紅葉が楽し
めるようになりますが、河口湖紅葉まつりは
その中でも特に絶景です。

混雑こそしますが、上手く時間調整しながら
行けば混雑を避けて楽しめることもあります。

秋の絶景“河口湖紅葉まつり”で紅葉を
思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

その美しさに思わず息をのむ! 山中湖で開催される紅葉祭りとは?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする