電車に乗る時の妊婦の必需品!妊娠マークはどこで入手可能?

妊婦さん、特に妊娠初期のまだおなかが膨らんでおらず気付かれにくい妊婦さん。

その妊婦さんが周りに自分は妊娠しているということを気付いてもらうための「妊娠マーク(マタニティマーク)」。

おなかが大きくなってくる妊娠中期以降よりも、流産の可能性が高く、つわりがひどくなりやすい。でも、おなかがまだ膨らんでおらず気付いてもらいにくい妊娠初期。

妊娠マークは、その時期に周りに気付いてもらい、配慮してもらえるように知らせるためのマークです。特に電車のように激しい混雑になることがある乗り物では、妊娠マークをつけておきたいものです。

ニュースなどで話題になったことがありますが、マタニティマークを付けていることで、嫌がらせを受けたりトラブルに巻き込まれたという心が痛む事例もあります。

ただ、そういったことをするのは心無い一部の人たちだけです。

実際にマタニティマークを付けていることで助かることや、むしろ付けるべきだという理由ももちろんあります。

今回はマタニティマークの入手先やつける事のメリット、デメリット両方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

電車に乗る妊婦必需品!妊娠キーホルダーとマタニティマークはどこでもらえるの?

電車妊娠マークはどこで

電車に乗る時の妊婦の必需品!妊娠マークはどこで入手可能?

まだ妊娠はしていないけど希望しているから知っておきたい。

妊娠している可能性があるからこれから確かめにいく。

妊娠していることが分かったけどまだ妊娠届を出しに行っていない…

そんな妊婦さん、妊婦さんの可能性のある女性たちが気になる「マタニティマークの

配付場所」についてご紹介します。

とっ!その前に妊娠キーホルダーと妊娠マークはどこで手に入るの?と知りたいママさんへ。

妊娠マークは下記のようにいろいろな入手方法があります。ですので、妊娠キーホルダーは●●で手に入る、妊娠マークは○○で手に入るとは言えません。

ご自分がお住まいの自治体の窓口で確認したり、雑誌などをチェックしてみてくださいね。

〇自治体の窓口

まず一番一般的な配付場所として、自治体の窓口です。妊娠届の提出時などに、母子手帳と一緒に渡される場合が多いと思います。もしもらえなかった場合でも、聞いてみるともらえる可能性が高いです。

一般的なデザインのものだったり、自治体独自のマークを配布しているところもあるみたいですよ。

〇鉄道会社の窓口

次に、JRをはじめとする各鉄道会社、駅の窓口です。通勤やそれ以外の移動手段にも電車を利用する妊婦さんは多いので、駅の窓口で無料で配布されています。

母子手帳の提示が必要になることもあるので、携帯しておくことをおすすめします。

〇雑誌の付録

「初めてのたまごクラブ」など、妊婦さん向けの雑誌に付録としてついている場合があります。こちらも一般的なデザインから、雑誌独自のデザインのものもあるみたいです。

〇通販サイト

楽天市場やAmazonなど、通販サイトで購入することもできます。自分の好きなデザインのものを選べるので、自分のこだわりのマークを手に入れたい妊婦さんは一度見てみるといいですよ。

〇航空会社の窓口

あまり機会として多くはないと思いますが、飛行機に乗る場合に

マタニティマークを配布し、優先的に搭乗をさせてくれたり

フライト中も気にかけてくれる航空会社もあります。

配付場所は様々みたいなので、チケットカウンターなどで聞いてみるといいかと思います。

妊娠の妊娠マーク!電車でバッチをつけても表示効果はない!?

妊娠の妊娠マーク!電車でバッチをつけても表示効果はない!?

妊娠バッチ!電車で効果は?

次に、実際にマタニティマークのバッチをバッグなどにつけて電車やバスに乗って効果はあるのか?という疑問ですが実際に効果がある!といった意見と、むしろ逆効果!といった意見もありますので、両方の意見をご紹介してみますね。

●逆効果だった

・暴言を吐かれた

・おなかを殴られた、蹴られた

・突き飛ばされた

・睨まれた

・嘘だろうと言われた

・そもそも気付いてもらえない

上記のような驚くべき悲しい事例は、少なくとも現実にあるようです。こんなことなら

ただ、もちろん全員が全員そんなひどいことをするはずもなく、一部の心無い人たちによる悲しい事例だと思います。

仕事で疲れているサラリーマンや、不妊や流産などで中々授かれない&授かれなかった女性などには、憎く映ってしまうのかもしれません。

あと、「そもそも気付かれない」というケースも非常に多いです。

特に電車の中で人のことをじろじろ見ている人は少ないです。

ですので、バッグで隠れていたり、リュックなどで後ろについていると気付かれない、なんてことも多いみたいです。

これでは付ける意味がないので、気付いてほしい場合には、しっかり見える位置につけるように意識しましょう。

●効果があった

実際に席を譲ってもらえたという声も多く見かけられます。

周りの人も、「この人妊婦さんかな?」と思っても、もし違っていたら失礼だと思い声がかけづらい・・・

なんてこともあるのでマタニティマークを付けることで声もかけやすくなるみたいです。

それ以外にも、自分と赤ちゃんを守るためにも必要な理由があります。

万が一、外で体調不良などで倒れてしまったり、なにかトラブルや災害などに巻き込まれてしまったときなどですね。

そんなときに妊婦さんだと気付いてもらえることで瞬時に必要な処置、対応などを判断してもらえるという利点があります。

まとめ

まだまだ日本では妊娠マーク(マタニティマーク)の浸透が薄いように感じます。

ですが自分と赤ちゃんを守るために、やはりマタニティマークは付けるべきなのではないかと私は思います。

これから先、妊婦さんにやさしい社会になっていってくれるよう願うばかりですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする