春の七草はいつ食べる? 日本人なら知っておきたい七草を食べる理由

お正月が過ぎると、春の七草を使った七草粥を食べる時期が巡ってきますね。では、七草粥は、いつ、どんな時間帯に食べたら良いのでしょうか?

又、お正月後の時期に、わざわざ七草粥を食べるという風習があるにはどんな意味があるのでしょうか?

ここでは、意外と知られていない、七草粥についての知識を詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

七草粥はいつ食べる? 食べる時間は?

春の七草はいつ食べる? 日本人なら知っておきたい七草を食べる理由

春の七草はいつ食べる?

ではまず、七草粥はいつ食べるの?時期や時間帯は?といったことにについてお話していきます。

七草粥は、お正月休みがひと段落した、1月7日に食べるという風習になっています。なので、お正月が終わってしばらくした頃に、スーパーなどに七草が並び始めます。

今は「七草粥」セットと称して、パック詰めになっている七草が売られています。「七草って何だっけ」と迷った時に、とても便利ですね。

では、七草粥は、1月7日であれば、何時に食べても大丈夫なのでしょうか。

正式には、七草粥は、1月7日の朝に食べるのが良いと言われています。

昔は、官庁の役人の昇進を決めるのが1月7日だったのだそうです。そこで、その日の朝に七草粥を食べてエネルギーを蓄え、出世しようという縁起担ぎの風習が生まれたと言われています。

この風習が今に受け継がれ、「七草粥は1日7日に食べる」という暗黙のルールができたそうです。

ただ、「具体的に〇時に食べる」という時間に関しては、明確な決まりはないようです。

なので、「七草粥は、朝食に食べればOK」と考えてくださいね。

でも、現在はライフスタイルが人それぞれ違うので、「絶対に朝食べなければいけない」というものではなくなっています。

なので、昼食や夕食に七草粥を食べても、全く問題ありません。

むしろ、重い食べ物を食べるべきではない夜の時間帯の方が、今は向いているかもしれませんね。

朝食でももちろんOKですが、「胃腸のために、あえて夜に食べる」という形もオススメです。

もしかしたら、健康という観点からみると、その方が体に良いかもしれませんね。

七草粥にはきちんと食べる意味があった?

先ほどもお話したように、七草粥は、1月7日に食べることになっています。1月7日と言うと、おせち料理も食べ終わり、お正月気分も終わる頃ですよね。

お正月中は、どうしてもダラダラしてしまい、食生活も乱れがちです。そのため、知らず知らずのうちに胃腸にも大きな負担をかけています。

そこで、「胃腸を休め、エネルギーを補充する」という目的や意味もあって七草粥を食べるのです。

お粥は柔らかく、味も薄いので、胃腸に負担をかけない食べ物ですね。乱れた食生活でダメージを受けた胃腸にピッタリだと言えます。

又、春の七草は、この時期の旬の食材なので、この時期に必要なエネルギーがたっぷり入っています。これを食べることで、体の中に新しいエネルギーを取り入れるのですね。

ちなみに、春の七草には、食物繊維やビタミン類がとても豊富に含まれています。お正月休みは、どうしても食生活が乱れるので、これらの栄養素が不足してしまいます。

そのため、七草粥で、一気にこれらの栄養素を取り入れることができますよ!

しかも、お粥ですから、カロリーも低いので、ダイエット中でも安心して栄養を取れますよね。

おかわりをしても、太る心配はあまりないので、ぜひ七草粥をたくさん食べてくださいね。

さて、事情があって、「どうしても七草が手に入らない」という場合もありますよね。そんな時は、この時期に採れる若草類を代用しても大丈夫のようですよ。

この時期に採れる若草は、カイワレ・ホウレンソウなどです。旬の若草を使うことで、その時期に必要な栄養素はしっかり摂取することができます。

又、寒い地域に住んでいる人は、これらに、根菜類を加えるのも良いと言われています。

まとめ

七草粥は、1月7日の朝食に食べるという風習が昔からあります。

でも、今はライフスタイルに合わせて、「1月7日の夜に食べる」といった形でも大丈夫です。

七草粥は、お正月休み中に乱れた食生活で、弱った胃腸に負担をかけないための食べ物です。

更に、この時期に必要な栄養分が、バランス良く含まれている食べ物でもあります。

七草粥で、お正月中に負担をかけた胃腸を休め、必要な栄養をしっかりチャージしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする