スーツの衣替えをする最適な時期や守るべきビジネスマナーとは?

ビジネスマンの戦闘服でもあるスーツ。

ビシッとカッコよく着こなしている人はやはり
なんとなく"仕事ができる人"という印象が
ありますよね。

季節が変わる頃でもいつどんな時でも
カッコよく着こなしたいものです。

そんなスーツにも衣替えがあるのを知っていましたか?

このページではカッコいいビジネスマンを
演出する、最適なスーツの衣替え時期などに
について紹介しますね!

スポンサーリンク

スーツの衣替えはいつする事が一般的?気温で決めたらマナー違反になることも!?

スーツの衣替えはいつする事が一般的?気温で決めたらマナー違反になることも!?

スーツ衣替えの時期

学生時代などの制服は学校から衣替えの

時期が指定されていて、みんなで一斉に

衣替えをしましたね。

でも、社会人ともなるとそうは行きません。

スーツの衣替えの時期だっていつとは決まって

いないので、自分で季節をよんで替えて

いかなければいけません。

暑くなってきたのに暑そうなスーツを着て

いたり・・・

寒くなってきたのに涼しそうな生地の

スーツを着ていたりしていては

「この人ちょっと変かも」

なんて印象を与えかねません。

ではいつどんな風に衣替えをしたらいいのでしょう。

スーツは大きく二つのシーズンに分けて

衣替えされます。

春夏シーズンと秋冬シーズンに分けて

考えるのが一般的です。

春夏シーズンは4月〜9月、秋冬シーズンは

10月〜3月という風に分けられます。

しかし4月になりました!

では、今日から着るスーツは絶対に春夏

シーズンのスーツ!

とはせずに、気温を見ながら少しずつ

替えていきましょう。

地域によっては3月から暑かったり5月まで

寒かったりと差があるので、自分の住んでいる

地域の気温を見ながら替えていきましょうね。

では実際にどの季節にどんなスーツに

衣替えしていくのか紹介します。

大きく分けて春夏シーズンと秋冬シーズン

2つに分かれているとはいえど、それぞれの

季節で気温が大きく異なります。

一貫して同じ生地のものを着るよりも

気温に合わせて着こなせるといいですね。

春であれば、まだ寒い日はウール素材のもの

だと、それほど涼しげな印象にならずに着こなし

やすい素材ですね。

またコットン素材のスーツは吸水性にも優れて

いるので、春のちょっと日差しが強くなって

きて、汗をかくような日にもぴったりの

スーツです。

夏であればよくコマーシャルなどでも見かける

夏用の通気性のよいスーツがおススメです。

生地でいうとリネン素材やクールマックスと

いう体感温度を下げてくれるような素材が

涼しげにも見えますしいいですね。

秋になればまたウール素材が使える時期に

なってきます。

ウールはどの季節でも着ていておかしくない

素材なので、通年で着れるように必ず一着は

持っていたい生地ですね。

冬になってくるとウールでもいいですが、

フランネルやツイードなどといった見た目

からも暖かい印象を与えるような生地を選ぶ

ことをおススメします。

保温性が高いので、着ていても暖かく着れる

冬に一着は持っていたい素材です。

日本ではクールビズやウォームビズなどが

実施されている企業も多くなってきました。

気温だけで着るものを判断してしまい上着を

着て行かなかった!なんてことをしてしまうと

マナー違反にあたることも。

社内では通用しても大事な取引先へ出向かう

ときや社内でも商談のときは必ずジャケットを

着用するマナーがあります。

その為にも季節に合ったスーツを選んで、

ビシッと着こなせるようにしたいものです。

スーツを衣替えしたらすぐ保管はNG!収納する前にするべきこととは

スーツを衣替えしたらすぐ保管はNG!収納する前にするべきこととは

スーツ衣替えのNG

スーツを衣替えしたからといって、

着なくなった季節のスーツをそのまま保管して

しまうとすぐスーツがダメになってしまいます。

まず着なくなったスーツは目に見える

埃だけではなく、色んな汚れが着いている

ことがあるのでブラッシングをするように

しましょう。

上着であれば上から丁寧に、

パンツは逆さにして裾から腰に向かって

丁寧にブラッシングしてあげるようにします。

ブラッシングしたら今度は陰干しをして

スーツに含まれる湿気などを取り除きます。

これを怠るとカビや臭いの原因になります。

スーツをかけるハンガーも分厚くて型の

ラインが崩れないような丸みのあるものを

選びましょう。

ハンガーの素材は木製のものだと防湿効果や

静電気を防ぐ効果がありますのでこだわっ

て選ぶといいですね。

クローゼットにしまうときは防虫剤や除湿剤

などをいれてあげるのと、1カ月に一回

くらいは陰干ししてあげるようにしましょう。

きちんとお手入れする事で、春夏シーズンの

スーツだと3年、秋冬シーズンのスーツだと

4年くらいと長く着ることができますよ。

まとめ

スーツはどんな季節でもビジネスマンな

ら着るものです。

その季節に合わせて着ないと場違いになって

しまうこともあります。

衣替えをきちんとすることだけでなく

お手入れもきちんとすることで、出来る

ビジネスマンを演出できるのではないで

しょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする