赤ちゃんに水道水はいつから?影響と使い方を考えるママたちへ

赤ちゃんは生後6ヵ月頃までミルクや母乳中心の食生活で過ごします。

しかし、赤ちゃんがミルクを喉に絡ませたり、風邪をひいてしまったりした時には、お白湯を飲ませる場合もあります。

ところで、お白湯やミルクを作る時のお湯には何を用いますか?

水道水を用いても良いものか悩まれた人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、赤ちゃんに水道水をあげる場合、いつからなら大丈夫なのか?影響はあるのか?といったことをまとめてみました。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

赤ちゃんへの水道水の影響は?いつから飲ませる?

日本の水道水は、海外のものに比べればずっと清潔なイメージがありますね。

大人であれば、水道水を直接飲むことも抵抗はないでしょう。

その清潔さはどうやって保たれているか考えたことはありますか?

浄水所で水がクリーンに浄水されていることは周知の事実ですが、そこで塩素処理されていることも知っていますでしょうか?

浄水所で綺麗になった水は、長い長い水道管を通って、各家庭に支給されます。

その水道管は、当然のことながら洗うことは出来ません。工事して取り付けた時から

今まで一度も掃除されたことのない状態にあります。

カビや細菌の宝庫になっていても不思議はありませんが、そんな水道管を通ってきた水は不衛生で飲むことは出来ませんね。

水道管にカビや細菌をはびこらせない方法として塩素消毒が施されます。

塩素消毒を含んだ水が水道管を通ることで、細菌やカビの除去はもちろん、細菌やカビの発生の予防にもなるというわけなのです。言い換えると、家庭の水道水には塩素の残留物が微量でも含まれているということです。

では、塩素の残留物が含まれた水を赤ちゃんに飲ませるとどんな影響があるのでしょうか?

一応、水道水の塩素の基準値は、人体に影響を及ぼさないものであるとされていますが、身体が未発達の赤ちゃんには刺激が強いものだと言えます。

万が一水道水をそのまま飲ませた場合、胃腸の不調を訴えたり、胃腸の不調から嘔吐したり、便秘になってしまったり、食欲がおちてしまったりといった影響が出る恐れがあります。

では、何歳からであれば水道水を飲ませても良いのかということですが、これも個人差があるので一概にいつから大丈夫ということは難しいです。

一歳から飲ませても大丈夫だったという人もいれば、三歳になって飲ませたらお腹を壊したという人もいます。

赤ちゃんの成長過程を見ながら、各ご家庭でいつから水道水を飲ませるのが良いかと話し合うのが良さそうですね。

ただ、先にも述べたように、身体の臓器がまだしっかり発達していない赤ちゃんに水道水は刺激が大きすぎる可能性があるので、一歳を過ぎてから試すのがお勧めです。

最初は煮沸して冷ましたものを与え、徐々に水道水に慣れさせていくのが良いでしょう。

赤ちゃんが使うものを水道水で煮沸・・・これも問題あり?

赤ちゃんに水道水はいつから?影響と使い方を考えるママたちへ

赤ちゃんに水道水はいつから?

哺乳瓶やシリコンストローなど、赤ちゃんのものは煮沸するものが多いです。

煮沸にわざわざ天然水やミネラルウォーターを使っていたのでは家計が圧迫されてしまいますよね。塩素が含まれた水道水で赤ちゃんのものを煮沸するのは、やはり塩素の影響が懸念されるのでしょうか?

水道水に含まれる塩素は、沸騰させることで飛びます。

つまり、煮沸のために水道水を沸騰させた時点で塩素は無くなっているということです。

これで安心して煮沸に水道水が使えますね。

ポイントは、煮沸させるモノを入れる前によく水道水を沸騰させて、塩素を全て飛ばして無くしてしまうということです。

時間がないからと生ぬるい状態のお湯に煮沸のモノを入れないようにして下さい。

赤ちゃんに水道水はいつからまとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんへの水道水の影響は、主に胃腸の働きに出てきます。

水道水を赤ちゃんに与える時には、水道水を飲んだ後の赤ちゃんの様子をよくよく観察しましょう。

お腹の調子が悪そうだったり、なんか気分が悪そうだったりした場合には、水道水を与えるのは控えましょう。

二、三日様子を見て、胃腸の調子を整えてあげるようにしましょう。

赤ちゃんに水道水は厳禁ということはありませんがやはり見えないところを通って出てくるものなので心配される方も多いと思います。

ママさんが少しでも不安や心配を感じるのであれば、水道水を赤ちゃんに与えるのは先延ばしにしましょう。

それでもどうしても水道水をあげなくてはならない状況になったら、必ず一度沸騰させてからあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする