意外!?桜にちなんだ桜餅には道明寺と長命寺がある!?2つの違いとは!?

桜の咲くころになると決まって食べたくなるのが「桜餅」ですね。

キレイなピンク色と桜の緑の葉のコントラストが美しく、季節を感じさせてくれます。

そんな桜餅ですが、じつは代表的な2つの種類があるって知っていましたか?

お住まいの地域によっては「こっちは見たことない!」と驚くかも。

今回は桜餅の違いについて、ご説明しましょう。

スポンサーリンク

桜餅を道明寺と呼ぶ名前の由来!?桜餅は2種類!道明寺と長命寺の違い

もし、あなたが関西地方出身なら桜餅と言って思い浮かべるのはどんなものでしょう?

きっと、まるっとしたぼたもちのような形を桜餅だと言うのではないでしょうか。

しかし、関東地方出身のひとはビックリします。

なぜなら、関東で桜餅と言えば薄皮に包まれて筒形っぽい感じだからです。

じつは桜餅は2種類あり、関東と関西では知られているものが全く違うんですよ。

道明寺桜餅

これは関西地方でおなじみの桜餅の呼び名。

由来は大阪にある「道明寺」というお寺で考案されたとする「道明寺粉」を使っているため、このように呼ばれました。

長命寺桜餅

一方関東で主流なのはこちら。

江戸時代にお寺の門番だった「山本新六」というひとが、落ちてくる桜の葉っぱに悩まされ、塩漬けにした葉に餅を包んだものを考案したのが大ヒット。

そのお寺が東京墨田区にある長命寺というワケです。

知ってる?桜餅は関東と関西では別物!?桜餅の材料や形状が全く違う!?

桜にちなんだ桜餅には道明寺と長命寺がある!?

桜にちなんだ桜餅には道明寺と長命寺がある!?

たぶん、関西のひとに長命寺桜餅を出したら「ナニコレ」状態になります。

それくらい関東と関西では桜餅が違う!

そこで、それぞれの主な違いを紹介しましょう。

ではまず、材料の違いからです。そこからしてすでに違うんですね。

道明寺桜餅

「道明寺粉」と呼ばれる材料が特徴。

これはもち米を一度蒸してから乾燥させ、粗くくだいたもの。

昔は戦の携帯食にしていたくらいで、いわゆる「糒(ほしい)」ですね。

一説によると、尼寺の道明寺にいた菅原道真公の伯母が、保存食・携帯食として考案したのが始まりとされています。

くだいた後のこれを蒸して色付けしたら粒あんを包んで作ります。

長命寺桜餅

こちらは、あんを包む皮の材料に小麦粉を使います。

小麦粉に水を混ぜてうすく焼いた皮でこしあんをくるむので、初めて見たひとの「クレープっぽい」という感想はあながちハズレではないかも知れませんね。

次に、形状の違いもハッキリしていますよ。

道明寺桜餅は、丸形や扁平が多く見た目にもツブツブ感があり、ぼたもちっぽい感じの見た目です。

逆に長命寺桜餅の場合、薄い皮でくるっと巻いているので筒形が主な形ですね。

薄い皮でスッキリしているので、「仏壇のお菓子みたい」と感じる関西のひともいるのだとか。

桜餅の道明寺に関するまとめ

桜餅の道明寺に関するまとめ

桜餅の道明寺に関するまとめ

いかがでしたか?

桜餅とひと口に言っても、関東と関西ではイメージするものがまったく違うのですね。

関東では長命寺桜餅と言い、薄い皮でこしあんをくるっと巻く筒形の感じです。

関西ではぼたもちのような丸形・扁平が多く、粒あんで見た目もツブツブしている道明寺桜餅が知られています。

どちらも由来は名前のとおり、お寺から。

まったく違うのも当然のこと、主な材料も違います。

長命寺桜餅は小麦粉、道明寺桜餅は道明寺粉。

特に関西地方では長命寺桜餅はあまり目にする機会がないそうで、初めて関東で出されると「コレが桜餅なの!?」とビックリされるそうですよ。

感想はさまざまで、「クレープっぽい」「仏壇のお菓子みたい」「紅白まんじゅうみたい」などなど。

関東地方では、だいたいどちらのタイプも販売されていることが多いので、「なんで2種類あるの?」とギモンに思っていたひともいるでしょう。

モチロン、味や食感の好みはありますが地域による違いをぜひ楽しんでみたいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする