ワンちゃんを癒してあげよう! 犬の気持ちに寄り添ったストレス解消法

現代社会では、ストレスを溜め込んで
いるのは人間だけではありません。

実は、犬もストレスを溜め込んでいる
ということを知っていますか?

かわいい愛犬がストレスを溜め込んで
いるなんて、少し胸が痛みますよね。

では、犬がストレスを溜め込んだ時、
どのような行動をするのでしょうか。

犬のストレスを解消させる方法と共に、
詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

犬のストレスからくる行動の特徴とストレス解消法を紹介します

犬のストレスからくる行動の特徴とストレス解消法を紹介します
ではまず、犬がストレスを溜めた時の、

行動の特徴をお話します。

犬が、顔や体のあちこちを舐め始めたら、

ストレスを溜め込んでいる証拠です。

犬は元々、猫などと違い、自分自身をあまり

舐めることがないと言われています。

そんな犬が自分自身を舐め始めたら、精神的に

不安定になっていると考えられます。

これは、欲求が満たされないことが原因で、

「舐める」という行動に出ていると言われて

います。

特に、体を舐めている場合は、運動不足

ストレスが溜まっている可能性があります。

運動不足で体がムズムズして、無意識的に

舐めてしまうのかもしれませんね。

次に、体を小刻みにブルブル震わせている

場合も、ストレスが溜まっているサインです。

これは人間の場合と同じなのですが、何かに

緊張している時のストレスが原因です。

又は、何かに対して恐怖心を抱いている

場合も、この行動が起きるようです。

特に、ずっと家の中で飼われていた犬が、

急に外に出た時、体が震えることがよく

あります。

では、犬がストレスからこれらの行動を

起こしたとき、どう解消させたら良いので

しょうか。

1番大切なことは、犬に寄り添って、安心

させてあげることです。

具体的な行動としては、「優しく体をなで

てあげる」ということです。

この時、褒め言葉を何度もかけ、おやつ

などを与えてあげることもポイントです。

こうすることによって、犬は「自分自身が

受け入れられている」という安心感を抱き

ます。

しばらくこうしてあげると、少しずつ犬が

落ち着きを取り戻していくでしょう。

安心感を感じるとストレスが減るのは、

犬も人間も同じなのですね。

又、運動不足でストレスが溜まっている

場合は、散歩に連れて行くことも大切です。

運動をして、内側のモヤモヤを解消すると、

人間と同じで、犬もスッキリするのです。

犬はストレスで噛むのか?

犬はストレスで噛むのか?
さて、「前はおとなしかった犬が、突然噛む

ようになった」という経験はありますか?

実は、犬はストレスが溜まると、噛んだり、

攻撃的な行動を起こすこともあります。

「ストレスが溜まっているのに、周りが

それに気づいてくれない」という時に、

この行動が見られます。

人間も、自分につらさをわかってもらえない時、

言葉や態度がきつくなることがありますよね。

犬の「噛む」といったような攻撃行動も、

正にそれと同じなのです。

実は犬は、ストレスが溜まり始めると、

それをアピールする行動を起こします。

その行動が、先ほどお話した「舐める」

「震える」などの行動です。

できることなら、これらの行動が出た時点で、

犬のストレスに気づいてあげるのが理想です。

犬のストレスに早めに気づけば、攻撃行動を

起こすことはありません。

では、攻撃行動を起こした犬に対しては、

どう対処したら良いのでしょうか。

攻撃行動に対しては、「ダメ」ときちんと

叱り、しつけ直しましょう。

そして、おとなしくなったら褒めてなでて

あげる…

これを繰り返してみてください。

 

 

≪まとめ≫

犬はストレスが溜まると、「自分自身を舐める」

「震える」などの行動を起こします。

できることなら、これらの行動を起こした

時点で、ストレスに気づいてあげてください。

そして、優しくなでながら褒めて、

安心感を与えてあげましょう。

犬のストレスに気づかないまま放置すると、

噛むなどの攻撃行動を起こします。

この場合、やってはいけないことに関して

は叱り、その後、なでて安心させてあげて

ください。

犬も人間も、ストレス解消には安心感が

大切だということは同じですね。

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます

愛犬が体調不良!? しぐさでわかる犬の体調不良

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする