節分の豆まきには別名が存在する?!節分の豆まきの由来と意味とは?

「鬼は~外!福は~内!」と言いながら、家中をかけまわって豆まきした楽しい思い出がある節分の日。

ところで、この節分の豆まきにどんな意味や由来があるのか知っていますか?

「なんとなく、縁起がいいんでしょ」くらいしかイメージがない、そんなひとにぜひ参考にしてもらいたい記事ですよ!

スポンサーリンク

節分の豆まきの由来とは?節分の豆まきには別名が存在するって本当?

節分の豆まきの由来とは、古代にまでさかのぼります。

そもそも「節分」とは季節の分かれる時=移り変わる時をさします。

そして、古代ではそういった時には「邪気=鬼」が入り込むとされていたのです。

昔のひとは「病気・天災」といった「悪いこと」は鬼の仕業だと考えていましたから、必死にそれを追いはらおうとしたのですね。

そこで、宮中行事では鬼祓いの行事がありました。

この宮中行事や民間での五穀豊穣を祈った「豆打ち」などの行事が合わさってできたのが、現在の節分であり、豆まきでもあるのです。

豆まきの由来は季節の変わり目に生じる「鬼を追い祓う」行事から来ています。

さらに言葉の語呂合わせもあり、「豆=魔滅(まめ)」でもって、「鬼の目(魔の目)」に投げつけて退治するといういわれもありますよ。

豆には生命力と魔よけの力があるとする、穀物に対する信仰もあり、使われるようになったようです。

さて、節分の豆まきの別名についてですが、由来のひとつとなった宮中行事は「追儺祭(ついなさい)」と呼ばれるものです。

鬼に扮した舎人(とねり)を、殿上人らが「桃の弓・葦の矢・桃の杖」で追い祓うというもの。

これは節分の由来として各地の社寺でも伝わっています。

他には「鬼やらい・鬼追い・鬼打ち」など、いかにも「追い祓う」感じの別名が多いですね。

知ってる?節分の本当の意味!?節分は春分の日の前日だけじゃないの?

節分の豆まきには別名が存在する?!節分の豆まきの由来と意味とは?

節分の豆まきには別名が存在する?!

じつは節分とは、「豆まきをする春分の前日」ではありません。

本来は「立春・立夏・立秋・立冬」に移る時をさす言葉なのです。

節分とは字のごとく「季節の分かれる時」という意味なので、春分の日の前日だけではないということですね。

昔は太陰暦を使っていたため、12月下旬から1月初旬が立春にあたっていました。

そのため、年越しがかさなる立春に移る時だけが節分と呼ばれるようになり、そのまま現在にいたっているのが定説です。

節分の豆まきはしないで食べるだけでも大丈夫?

いちいち豆まきしないで、豆だけ食べるんじゃダメ?

確かに手間はかかりますよね。

しかし!

豆まきされた豆にこそ、大事な意味があるのです。

「福は~内」で部屋にまかれた豆には「福を呼び込んだ縁起の良い豆」という意味があります。

そのため、この豆を食べることで「邪気=鬼を祓い福を呼び込む」ことにつながるので、単に豆を食べるだけではせっかくの意味が泣きますよ。

きちんと福を呼び込んだ縁起の良い豆を食べるようにしたいですね。

節分の豆まきの由来や意味のまとめ

節分の豆まきの由来や意味のまとめ

節分の豆まきの由来は、季節の変わり目に生じるとされる「邪気=鬼」を退治するという意味があります。

豆には語呂合わせで「魔を滅する」(まめ)といういわれと、穀物には生命力と魔よけの力があるとされた信仰があるためです。

さらに、ちょうど節分に「追儺祭」と呼ばれる鬼を追い祓う宮中行事があったため、これも一緒に考えられました。

そのためか、節分の豆まきの別名は「鬼やらい・鬼追い・鬼打ち」など、どれも鬼を退治するという分かりやすいものが多いですね。

ちなみに節分とは、現在の春分の日の前日だけをさすものではありません。

本来は「立春・立夏・立秋・立冬」の前日を言うのですが、立春の前日の節分がちょうど昔の年越しの時期とかさなったため、重要視されて今にいたるのです。

さて、豆まきをするのは大変だから豆を買ってきて食べるだけでもいいんじゃない?なんて考えてはいけません。

モチロン手間はかかりますが、豆まきして福を呼び込んだ縁起の良い豆を食べなくては意味がなくなってしまうのです。

これに関しては人それぞれの意見があるでしょうが、せっかくの節分の意味を考えても、キチンと豆まきして食べることをオススメします。

次回は節分の豆まきの由来などを知ったうえで、楽しみながら豆まきできそうですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする