節分に豆まきしない苗字がある!? どんな苗字? 豆まきをしない理由は?

節分と言えば豆まきですが、実は、豆まきをしない苗字があるということを知っていますか?

日本の名字のうち、とある2つの苗字だけは、豆まきをする必要がないのだそうです。
では、それらの苗字の家は、なぜ豆まきをしなくて良いのでしょうか。

節分に豆まきをする由来についても触れながら、このことについてお話していきます。

スポンサーリンク

節分に豆まきしない理由?! 豆まきしない名字にどんな言い伝えがある?

「渡辺さん」「坂田さん」という苗字の家は、節分に豆まきをしなくて良いとされています。

では、渡辺さん・坂田さんが、節分に豆まきをしなくても良い理由はなんなのでしょうか?

渡辺さんが豆まきをしなくて良い理由は、平安時代の武将・渡辺綱の由来から来ています。

渡辺綱は、平安時代の京都を荒らし回っていた鬼の酒呑童子を退治したと言われています。

ところが、その後、酒呑童子の部下である茨木童子が、渡辺綱に仇討ちを仕掛けてきました。

しかし、茨木童子は返り討ちに遭い、渡辺綱に片腕を切り落とされてしまいます。

このことで茨木童子は、渡辺綱に恐れをなし、渡辺氏の一門や子孫には近づかないという約束をしたそうです。

そのことから、渡辺さんという苗字の家は、豆まきをして鬼を追い出す必要がなくなったのですね。

一方、坂田さんの苗字は、同じく平安時代の武将・坂田金時から来ていると言われています。

坂田金時は、先ほどお話した渡辺綱の「鬼退治の四天王」の仲間に当たります。

つまり、坂田金時もまた、渡辺綱と共に、鬼の征伐に一役買った人物なのですね。

そのため、渡辺さんのケースと同じように、坂田さんも、豆まきで鬼を追い出す必要がないという結果になったそうです。

ちなみに、坂田金時の幼少期は、おなじみの日本昔話「金太郎」で語り継がれています。

金太郎は、成長してから「坂田金時」と名を改めて、立派な武将になったというわけですね。

幼少期も、成長後も、勇敢に鬼退治をして名をはせた人物として知られているそうですよ!

節分に豆まきをする理由とは? 子どもに伝えたい豆まきの本当の意味!

節分に豆まきをする理由とは? 子どもに伝えたい豆まきの本当の意味!

節分に豆まきをする理由とは?

では、節分に豆まきをするようになったのは、どんな理由や歴史があるのでしょうか。

節分の2月3日は立春の前日で、ちょうど季節の変わり目に当たりますね。

実は、季節の変わり目の時期は、邪気が入り込みやすいと言われていたそうです。

そのため、その邪気払いの一環として、節分に豆をまくという風習ができたと言われています。

邪気を「鬼」に見立てて、家から出て行ってもらうということですね。

ちなみに、「邪気が入る」とは、「何か悪いことが起きる」という意味ではありません。

季節の変わり目などの理由から、気が不安定になりやすい状態が「邪気に溢れた状態」です。

なので、必要以上に怖がらなくても、冷静に対応すれば大丈夫ですよ。

そして、邪気である「鬼」が出て行った後には、良いものを呼び込みたいですよね。

そのため、「鬼は外」の後に「福は内」と続けて、新しく良い気を家の中に取り入れるというわけです。

ちなみに、豆まきの風習は室町時代から始まったそうなので、かなり歴史が長いですね!

では、「なぜ節分に豆まきをするの」と子どもに聞かれた場合、どんな形で答えたら良いのでしょうか。

この場合、「古くなった運を外に出して、新鮮な良い運を家に呼び込むため」と教えてあげるといいかもしれません。

それと同時に、「運は古くなると良くないものになるから、入れ替えが必要なのよ」と教えてあげるのもいいでしょう。

豆まきは、「家の中の空気の入れ替え」と同じような意味があるということですね。

節分の豆まきに関するまとめ

節分の日は、日本中で豆まきが行われますが、渡辺さんと坂田さんだけは豆まきをする必要がないそうです。

この2つの苗字は、平安時代に鬼退治をした武将の系列だと言われています。

そのため、わざわざ豆をまいて鬼を追い出す必要がないというわけです。

ちなみに、節分の豆まきは、家の中の邪気を払い、新しい運を呼び込むためのものです。

「悪いものを追い出して、良いものを迎える」というより、「空気の入れ替え」のような意味を持ちます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする