育児休業期間って延長できるの!?手続きのやり方を分かりやすく解説!

はじめての妊娠、出産。

色んなことが初めてで不安も多い中、働いている女性であれば、特に
育児休業の期間(育休)というのは、とても大事な問題ですよね。

育児休業というのは原則、子が1歳に達するまでの間と決まっていますが、事情によっては1歳6ヶ月まで、さらに平成29年10月以降は2歳に達するまで育児休業が延長できるようになりました。

今回は、そんな育児休業の期間延長や育児休業給付金の申請について紹介していきますのでも参考にしてくださいね^^

スポンサーリンク

育児休業の給付金の申請と期間延長のやり方を順序を追って解説!

育児休業期間って延長できるの!?手続きのやり方を分かりやすく解説!

育児休業期間延長できる?

育児休業(育休)とは、法律に基づいて子を養育する労働者が会社に申し出て取得することのできる、子育てをするための休業期間です。

原則子ども1人につき1回までとなっており、1歳に達するまでの期間となっています。

ただし、条件が当てはまる場合に限り、この期間を延長することができます。

★保育所への入所を希望して申込みをしているが入所できない場合

★子の養育を行っている配偶者が、やむを得ない事情で養育できなくなった場合

(死亡、離婚で子と別居、負傷、6週間以内に出産予定、出産から8週間以内など)

いずれかの理由に該当する場合のみ、延長の申請をすることで最大で2歳到達まで育児休業を取得することが可能となっています。

育児休業延長の申し出の順序としては、休業開始予定日の1ヶ月前までに

1 会社へ申し出る(必要な書類を確認する)

2 育児休業申出書、他必要な書類を準備する

・保育所に入所できない場合は不承諾通知書など、自治体からの書類

・子を養育する配偶者の死亡や離婚などの場合は世帯全員の住民票など

・子を養育する配偶者の負傷などの場合は医師の診断書など

・子を養育する配偶者の出産、妊娠などの場合は母子健康手帳など

3 育児休業申出書やその他の書類を会社に提出する

上記の手続きが遅れてしまうと、希望の休業取得日から休業できない可能性がありますので、できるだけ休業(延長)希望日の1ヶ月前までに手続きを始めるとよいでしょう。

育児休業給付金の申請についても、ほとんどの場合、が会社が手続きをすることになるため、育児休業と同時に会社に申し出る(確認する)形になります。中には自分でハローワークへ提出する場合もあるので、会社に確認してください。

育児休業給付金の申請には期限があり、育児休業開始から4か月後の末日までには提出をしないといけないので、会社が間違いなく申請してくれれば大丈夫ですが、自分で提出する場合などはご注意ください。

なお、提出から支払いまでは期間が空くため、提出が遅ければ遅いほど給付されるのも遅くなってしまいますので、あわせてご注意くださいね。

育児休業給付金の延長の申請も、基本的には育児休業の延長の申請とほぼ同じ手続きとなります。

なお、最大で2歳に達するまで延長は可能ですが、1歳6ヶ月までと2歳まででそれぞれ申請が必要となっており、一気に2歳までという延長はできないのでご注意ください。2歳まで延長が必要であれば、忘れずに再度延長するようにしてくださいね。

育児休業給付金がもらえる条件を解説!

 

育児休業給付金がもらえる条件を解説!

育児休業給付金がもらえる条件

育児休業給付金とは、育休中に企業から賃金が支払われない場合に、雇用保険などから給付金が支給される制度です。

現在働いていて、育児休業を取り、また復帰する人に給付されるものとなります。

ですので、みんながみんなもらえるというわけではなく、給付を受けるためには

いくつかの条件を満たしている必要があります。

★一般被保険者であり、育児休業を取りその後復帰する予定である。

★育児休業開始日の前2年間に、賃金支払い基礎日数11日以上の月が12か月以上ある。

★育児休業開始から1か月毎に、就業している日数が10日以下である。

★育児休業期間において、休業開始時の賃金に比べ、8割以上の賃金が出ない。

上記をすべて満たす場合のみ支給されます。

ちなみに正社員だけではなく契約社員やアルバイトやパートの人でも基本的には条件を満たしていれば支給されるはずですし、派遣社員の人でもその他一定の条件を満たしていれば支給される場合もあるようです。

詳細は会社や派遣元などにご確認ください。

まとめ

 働くお母さんや共働きの家庭、もちろんお父さんも取得できる育児休業は、お子さんを育てていくにあたって、とっても大切なものだと思います。

今回ご紹介したように状況に応じて必要な書類なども変わってきますので、しっかりとご自身に必要な期間や手続き、状況などをみて、忘れずに申請するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする