お墓参りしないとどうなる? 子孫に悪影響がでる? お墓参りの効果は?

忙しい日が続くと、お墓参りがなかなかできなくなってしまいますよね。
でも、「お墓参りをしないと良いことがない」という話もよく聞きます。

では、お墓参りをきちんと行うことで、どのような効果が期待できるのでしょうか。
又、宗教によっては、「お墓参りをしない」というケースもあるのでしょうか。

スポンサーリンク

お墓参りは円滑な人間関係を学べる効果が!? お墓参りなしでどうなる?

お墓参りをすると、「円滑な人間関係を学ぶことができる」という効果があると言われています。

一見何の関係もなさそうなお墓参りと人間関係ですが、なぜそのような効果が期待できるのでしょうか。

お墓という場所は、私たちとご先祖様との「ご縁」をつなぐ大切な場所です。
つまり、お墓参りをすることで、私たちとご先祖様とのご縁が深くなっていくのですね。
そして、人の縁というものは全て、自分が生まれ育った家族からスタートします。

自分の家族であるご先祖様とのご縁を大切にすることで、全ての良縁につながると言われています。

そのため、お墓参りをしないと、ご先祖様とのご縁が薄くなってしまいますよね。
良縁のスタート地点である家族・ご先祖様との縁が薄くなるということは、良縁も遠のいていってしまうということです。

良い縁を引き寄せられなければ、良い人間関係を築くことも難しくなります。
「お墓参りをしないと人間関係が悪くなる」という理由は、ここに存在するのです。

先祖の墓参りで幸運が!? 感謝の心が円満な対人関係としあわせの秘訣!?

「先祖の墓参りをすると幸運になれる」そのような話をよく聞きますよね。
でも、「幸せになりたいから先祖の墓参りをする」という動機ではダメですよ。

これだと、自分の幸せのことしか考えていないので、墓参りの本来の意味からずれてしまいます。先祖の墓参りで幸運になる理由は、「先祖に感謝の気持ちを表すから」なのです。

先祖の墓参りは、「お陰様で元気に生かしていただいています」という報告です。

この報告は、生かしていただいていることへの感謝という意味になりますね。
そして、墓参りがきっかけとなり、この感謝の気持ちが自分の内側に広がるようになります。

その結果、あらゆるものや人に対する感謝の気持ちも生まれてくるようになります。
そうなると、色々なものや人への接し方が温かくなり、前向きになりますよね。
この良い循環こそが、私たちを幸運へと導いてくれると言われています。

なので、墓参りをする時は、「墓参りをして幸せにしてもらおう」という気持ちではダメです。まずはご先祖様への感謝の気持ちを素直に伝えること、そこから幸運が始まります。

墓参りしない宗教ってあるの?
さて、墓参りはとても大切なものではありますが、宗教によっては、墓参りを重視していないケースもあります。

例えば、かなり少数派ですが、仏教の一部の宗派では、墓参りをしない宗派もあるようです。

又、キリスト教は墓参りをあまり重視していないため、「定期的に先祖の墓参りをする」という習慣があまりないそうです。

でも、これらの宗教の場合、墓参りとは違った形で先祖を供養しています。
なので、「墓参りをしない=先祖を粗末にしている」とは限らないので、批判してはいけません。

先祖の供養で大切なことは、先ほどもお話した通り「感謝の気持ち」です。
墓参りという形式にこだわっても、感謝の気持ちがなければ意味を持たなくなってしまいます。

宗教によってやり方は違いますが、それぞれの形で感謝の気持ちを表しているということですね。

お墓参りしないとどうなる?のまとめ

お墓参りしないとどうなる?のまとめ

お墓参りしないとどうなる?

先祖の墓参りをすると、先祖との縁が深くなるので、全ての良縁につながっていくと言われています。

そして、先祖の墓参りによって、心が感謝で満たされると、人やものへの接し方が変わってきます。

その結果、自分を取り巻く環境が良い方向へと変わり、運気が上がるようになるのです。
又、宗教によっては墓参りをしないこともありますが、代わりの形で感謝の気持ちを表しています。

大切なことは、「墓参りで運気を上げること」ではなく、「感謝の気持ち」ですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする