赤ちゃんが寝がえり出来た!でも戻れない…戻れるようにするには?

つい昨日までは仰向けだったのに、気付いたら寝返りをしていた!
小さい赤ちゃんをもつママにとって、それはもちろん嬉しいことです。しかし、赤ちゃんはそこから自分で戻れていますか?

小さい赤ちゃんが寝返りをしたままというのは、とても危険なことなんです。嬉しい反面、新しい不安も出てきますが、心配しなくても大丈夫!

ちゃんと注意すべきポイントを押さえれば、危ないことはありません。では、赤ちゃんが寝返りをしたときには、どう対処してあげればいいのでしょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんが寝がえり出来た時には戻れるかも注意して!

赤ちゃんが寝返りしたら、その後の様子を注意いしてチェックしておきましょう。寝返りができたばかりの赤ちゃんは、上手に元に戻ることができません。

観察していると、何とか戻ろうとモジモジ動いているのが分かると思います。これはこれで可愛いのですが、赤ちゃんは戻りたくて必死なのです。

私たちでも、完全にうつ伏せのままだと苦しいですよね。大人なら首を横に向けて呼吸できますが、まだそれができない赤ちゃんは苦しいだけ…。

うつ伏せ状態が長く続くと、乳幼児突然死症候群(SIDS)のおそれがあります。寝返り後に戻れないようなら、ママの手で戻してあげてくださいね。

寝返りをしたままだと、他にもリスクはあります。授乳後すぐの寝返りは、赤ちゃんの胃を圧迫するので注意が必要です。

うつ伏せにならなくても、赤ちゃんが吐き戻すことはよくあります。

寝返りをした状態でそうなってしまうと、吐いたものが喉や気管につまってしまい、窒息することもあります。

赤ちゃんの周りに、上の子が遊んだブロックなどが転がっていることはありませんか?

赤ちゃんの周りに、小さなものを置くのはやめましょう。

寝返りをしたときに、そばにあった小さなものを誤飲してしまうかもしれません。

こういうことは、ちょっと目を離したすきに起こることです。普段から、周りに物を置かないように注意しましょう。

このように、寝返りを覚えたばかりの赤ちゃんには危険がいっぱいです。自分で元に戻れるようになるまでには、もう少しママが注意して見てあげてくださいね。

寝返りが戻れない赤ちゃんの練習方法

寝返りが戻れない赤ちゃんの練習方法

寝返りが戻れない赤ちゃんの練習方法

せっかく寝返りができたのだから、そこから元に戻れるようになってほしいもの。

元に戻れない赤ちゃんに、何か練習方法はあるのでしょうか?

うつ伏せから元に戻る、いわゆる「寝返り返り」をサポートしてあげるには、こんな方法があります。

1体の下になる腕を伸ばしてやる

2頭を回転方向に倒す

3下半身をひねらせてひっくり返す

どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

まず①ですが、うつ伏せ状態の赤ちゃんの、これから回転していくときに体の下になる腕を見ましょう。

この腕が曲がっていると、引っかかってうまく寝返りができないのです。

まずは、その腕が伸びていることを確認してください。

②では、頭は優しく倒してあげてくださいね。

頭が回転方向へ倒れることで、上半身もその方向に曲がります。

そこまでいけば、③で下半身をちょっとひねらせて返してやると、簡単にうつ伏せの状態から元に戻れるわけです。

この練習で、どの赤ちゃんも寝返りから戻れるようになるとは限りません。しかし、寝返りから戻ることを覚えるきっかけにはなるかもしれません。

練習したのにできなくても、何の問題もありません。そのうち自然に覚えてくれるので、気長に待ってあげてくださいね。

寝返りが戻れない赤ちゃんのまとめ

赤ちゃんが何か新しいことができるようになると、そのたびに喜んだり心配したりするのが大人の仕事ですね。

寝返りも、まさにそんなイベントのひとつです。

うつ伏せで、まだしっかり座らない首をグラグラさせているのは、何とも可愛らしいものです。そして同時に、危なっかしい。

うちの次男がそういう時期だった頃、寝返りから戻れなくて、よくうつ伏せになっていました。

うつ伏せが続くとよくないことは知っていたので、ひやひやしたものでした。

寝るときのもうつ伏せになるので、とても心配しました。どうやらそれが好みの寝方のようで、なかなか仰向けになってくれないのです。

なので、呼吸だけは確保せねばと、顔だけは何とか横を向かせていました。

幸いこれといった事故もなく、走り回るようになった今でも相変わらずうつ伏せで寝ています。

うちの子のように、そういう姿勢が好きなお子さんもいると思います。

ただやはり赤ちゃんの場合は、寝返りから戻れていないと危険も多いので、注意して見てあげないといけませんね。

自分で寝返りから戻ってくれないと、いちいち戻してやらないといけないので大変ですよね。

今はまだ何もできない赤ちゃんですが、それでも確実に成長はしています。そのゆっくりな成長に付き合うのも、子どもを育てることの楽しみかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする